2017年01月26日

アナログレコードの取込み 2017


予定していた車両が故障の為、本日の作業キャンセル

こういう事もあるさと、それでは歯医者にでも久々に行こうかと思ったら、掛かりつけが本日定休日 。

むむっ・・・、これはレコードを洗うではなく、取り込むチャンス。

という事で、本年早速購入した2枚を洗浄後、取り込み中。

昨年に購入したのもまだ30枚以上未取込みなのに・・・


プリンスは昨年購入しようと思っていたら、お亡くなりになり、いきなりレコードも高騰し購入するのをためらう様な感じでしたが、今は少し落ち着いたような・・・
それでも通常版が2000円前後、紫盤については、ほぼ見かけなくなり、たまに出品されてても1万円弱位とか、中古のアナログレコードとしては高値です。

この紫盤は、昨日たまたまラッキーな事に通常盤程度で落札できました。

『LUKATHER』に至っては、アナログレコードが存在したんだとびっくり!

当時、国内においてレコードの新譜販売は無くCDのみに切り替わった時でした。
これのCDを聞く為に秋葉原にCDプレーヤーを買いに行ったのを思い出します。

つまりこれは輸入盤です。
当時日本は一気にCDに切り替わった印象がありますが、海外は意外と併売してたんですね。

img_sblog1342.jpg

取込み用のカートリッジは、通常AT-150MLXを使用してますが、昨年AT160MLの未使用を購入できたので、盤によってはこれ(以前から持っていたAT160ML)を遠慮なく使えます。

img_sblog1343.jpg

その未使用のAT160MLは何時使うんだっつう話ですけどね(笑)

posted by Bellitech店主 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ

2017年01月25日

ロードスター 磨き&コーティング

この車両は付き合いが長く、新車時から当方でコーティングなど毎年定期的に作業させて頂いておりますが、ここ2年位運が良くありません。
今回も通常の作業とは別コースになります

洗車前は埃を被っていて、今回はそんなに酷くないなと思っていたのですが・・・

img_sblog1326.jpg

洗車してみると、何ともお粗末な扱いをされてるのが判明

img_sblog1327.jpg

勿論、オーナー様のせいではないのですが、それにしても酷い。
大事にしている人の所有物をなんだと思っているのでしょうかね、全く。

img_sblog1328.jpg

磨きの準備に入ります

img_sblog1329.jpg

前回、前々回でかなり磨きも入れてますので注意しながら進めます。 
当然ですが、あまり深いのは追ってません。

img_sblog1330.jpg

大夫判らなくなりました。

img_sblog1331.jpg

うむ! 滑らかじゃ

img_sblog1332.jpg

今回も良い感じにはなったと思いますが、ホント困ったものです。 
これで、落ち着いてくれれば良いのですが・・・

img_sblog1333.jpg

posted by Bellitech店主 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両外装のトラブル

2017年01月22日

mini cooper S 磨き&コーティング

mini cooper S 
磨き&コーティング
今後も気持ち良くお乗り頂く為の経年車のリフレッシュ作業です。

img_sblog1301.jpg

先ずは何時ものとおりディテール洗浄から

先日のマーチもそうですが、バンパーにグリルが乗っかってるタイプだとその隙間に、汚れがたまり通常の洗車では落とせなくて、しかし雨などが降るとその隙間に溜まった汚れが流れ出し、如何にも品質を損ねます。

色んなパーツの接合部分に言える事ですけど

今回は、グリル、ライトベゼルなどを外し、溜まった汚れを落とします。

img_sblog1312.jpg

そして、外したグリルを地味〜に洗浄します。

ハチの巣状のグリル嫌いです(笑)

img_sblog1313.jpg

そして、養生をし磨きの準備に入ります。

旧ミニもそうですが、小さい割にマスキングがどうしても大げさになります

img_sblog1314.jpg

磨きの初めはこの部分

ストライプ(デカール)ですが、経年劣化で端がボロボロになっております故、この様にマスキングをし、磨くと云うよりは汚れ落とし程度に止めます。

img_sblog1315.jpg

白黒の2色ですが白い部分はホントにもろくなっていて磨けません。

img_sblog1316.jpg

黒い部分のみ軽く磨きます。

img_sblog1317.jpg

そして、塗装部分を磨くときは、デカール部分を完全にマスキングします。

ボディー研磨の勢いでこの部分にバフが乗った場合、悲惨な事になります。(まあ、少し大げさにみてますけどね)

img_sblog1318.jpg

で、いよいよ全体の磨きです

淡色なのでネット上の画像だと状態が解りにくいと思いますが、シミやスクラッチで相当酷いです。

img_sblog1319.jpg

こういう黒い部分だと解りやすいでしょう

img_sblog1320.jpg

こうした洗車キズ等が品質を落としていきます

img_sblog1321.jpg

白いポツポツは磨いた後の埃や、欠けでありますが、全体にはいい感じ

img_sblog1322.jpg

Aピラー部分も

img_sblog1323.jpg

外してあったパーツを戻してフィニッシュです。

img_sblog1324.jpg

この車両のお客様は、他の車輌では何度か当方を利用頂いている方で、このミニは今回初めてでしたが、『綺麗になるのは解っていたけど、ここまでになるとは』と感心しておりました。嬉しいお言葉ですね。

まだまだ、精進したいと思います。

img_sblog1325.jpg





不定休の為、土日だからと云って休みではないのですが、北風が強く寒いのでシャッター閉め切って作業してます。
(もっと寒いところで作業してる方々ごめんなさい!)

御用の方は、事前に連絡下さいまし

そうでなくても、出張作業などで不在にする事が多いので、『いつ来てもシャッター閉まってるから、潰れたのかと思ってたよ』と近所の方々にもよく言われます(笑)

昨日も雪がちらほらしただけで、シャッター閉めてしまいました。

何かあると、すぐシャッター閉めたくなります(笑)

img_sblog1309.jpg


posted by Bellitech店主 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2017年01月19日

エルグランド 磨き&コーティング

昨年末のオデッセイのお客様の紹介で入庫頂きました。
あのオデッセイの出来を見ての依頼です、ありがたや!

img_sblog1300.jpg

10年以上経過してる車両で、しかもこの大きさ、今回も中々大変でしたが、頑張りましたよ〜

施工前、

img_sblog1302.jpg

中々のシミとスクラッチですね

img_sblog1303.jpg

研磨後、

img_sblog1304.jpg

img_sblog1305.jpg

G30の偏光カラーが見事ですね

img_sblog1306.jpg

寄ってみると、芸術的というかちょっと気持ち悪いかもw

img_sblog1307.jpg

中々の手強さでしたが、2日で何とか上げました

img_sblog1308.jpg

デカイッ!


posted by Bellitech店主 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2017年01月15日

マ−チ 付着物除去作業


マ−チ付着物除去作業完了

今週は皆さま東京オートサロン関連の投稿が多かったですね。
わたくしは黙々と自分のところの作業をこなしておりました。
会場での作業なども誘われてたりしたのですが、お断りしました。

その今週後半の特殊作業の画像

先ずはいつも通り、タイヤーホイール等のディテール洗浄から

img_sblog1246.jpg

鉄チンな為ホイールキャップ外して洗うなんてしませんもんね

img_sblog1247.jpg

外したキャップの裏、ブレーキダストでまっ茶色

img_sblog1248.jpg

普段見えないところではありますが、こういうところで最終的な仕上がりに差が出たりします

img_sblog1249.jpg

まあ、見えない部分ではあるんですけどねw

img_sblog1250.jpg

バンパー上部に付いているグリルも今回は外してみました。

img_sblog1251.jpg

ボディーサイド部分は雨染みが落ちにくくなっております

img_sblog1252.jpg

全体を洗浄後、マスキングをし磨きます

img_sblog1253.jpg

今回の作業の本題
樹液なのかボンドの様な接着剤なのか詳細は解らないのですが、こういうのが至る所に付着しております

img_sblog1254.jpg

img_sblog1255.jpg

問題は、付着物は何とか除去できたのですが、その跡がこの様(赤で囲った部分)に塗装が反応して膨らんでいます。

img_sblog1256.jpg

当初お客様には、付着物の跡は残りますよと説明はして請け負ったのですが、あまりに目立ち過ぎるので、ペーパーを当てて段差を無くします

img_sblog1257.jpg

付着物を除去しペーパーを当てた跡、
これをすると、この後の磨きが1段大変になる訳です

img_sblog1258.jpg

小さい車体ですが、曲面が複雑で磨くのに苦労するタイプですね

img_sblog1259.jpg

磨き後、コーティグを施しました。

img_sblog1260.jpg

途中、別のお客様が見えて、この年式のマーチがここまでピカピカになっちゃうんだと、感心しておりました。

良い感じに仕上がったと思います。


posted by Bellitech店主 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両外装のトラブル
最近のトラックバック