2017年02月27日

インテグラtypeR ドラレコ配線・他

深井君のタイプRの作業、昨年12月に行うはずの作業でしたが、諸事情により昨日行いました。

自分、ボケてなければ超簡単に終わるはずの作業でしたが、あぁ〜、年はとりたくないね〜(笑)

img_sblog1404.jpg

懸賞で当たったドラレコの配線作業

シガーライターソケットからも取れるが、ACC、BAT、GNDに接続できる配線も入ってたので、そちらを利用したいとの事で依頼を受けました。

img_sblog1406.jpg

一番簡単なのが、オーディオユニットの裏配線の利用ですよね。

で、シフトパネル類、シガーパネル、を外し、オーディオ本体の外し・・・

ルームミラー付近からルーフの内貼り内にドラレコの電源配線を這わせ、助手席のAピラー内貼りを通し、足元のキックパネル付近に配線を落とし〜なんて内貼り外しながら作業を進めていたら、キックパネルを外し、サイドシルからカーペットをめくった時にそれは有りました・・・

img_sblog1407.jpg

4年前にこの車両のナビの入れ替え作業をしたのも俺でした・・・

この部分のカーペットをめくった時に、それを思い出しました。すっかり忘れてました・・・

後々、電装品を増やしたい時、簡単にアクセサリー、常時電源、イルミが取れる様に、この部分に予備の配線を作っていたんです。

さっきまでのセンターコンソール〜オーディオ取外しまでの作業は何だったんでしょう(笑)

もぉ、年はとりたくいないね〜

img_sblog1408.jpg


その他の作業として、ステッカーの張り替え

img_sblog1409.jpg

オリジナルを大事にする姿勢、素敵です。

それにしても、粘着剤の残りは経年の分だけ、しつこかった。

img_sblog1410.jpg

静岡からいつもありがとぉう!!


posted by Bellitech店主 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーオーディオ・ナビ

2017年02月26日

ユーノス・コスモ 磨き&コーティング作業

3〜4年前にも一度作業してるんですけどね・・・
昨日の昼過ぎから作業している車両ですが、中々の状態でした。

先ずは洗車から

img_sblog1389.jpg

細部も勿論抜かりなく

img_sblog1390.jpg

img_sblog1391.jpg

これ、洗車しただけで粘土はまだ当ててません。

で、この状態。

img_sblog1392.jpg

中々ですよね〜

img_sblog1393.jpg

全体にわたって、この状態でございます。

img_sblog1394.jpg

img_sblog1395.jpg

磨きまでは、昨日の夜(昨日の投稿前)までに終わらせました。

img_sblog1396.jpg

img_sblog1397.jpg

img_sblog1398.jpg

img_sblog1399.jpg

作業灯の映り込み
白色LED

img_sblog1400.jpg

作業灯の映り込み
黄色LED

img_sblog1401.jpg

コーティングを施工後、外に出して最終確認

img_sblog1402.jpg

img_sblog1403.jpg

とても素敵・・・

是非大事に維持して頂きたいものです



posted by Bellitech店主 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2017年02月20日

たて続けに起こった不具合の一つ

これは、車体そのものではないが、搭載していたタブレット:hp omni10も1月中頃から故障

タブレットとしての肝心の機能であるタッチパネルが反応しなくなりました。

先ごろ、omni10を開いてる画像を掲載しているが、色々悪あがきしてる最中でした。
ソフト側では色々やって、最終手段のクリーンインストールまで行ったがダメで、疑わしきケーブル類のソケット抜けを確認すべく、殻割を試みましたが、開けたところ自分のは対策品でした。

後は、タッチパネルとマザーを繋いでるフレキシブルケーブルの断線位しか考えられませんが、部品調達出来ず、修理に出したら新品買える値段位掛かる様なので、諦めて別の新品購入しました。

omni10はマウスとキーボード繋げば、ディスクトップみたいに使えるので、別の用途に使います。

新たに購入したのは、ドスパラのデジノスというシリーズの8.9インチタブレット。

このメーカーの凄いのは、あの値段、あの大きさで3.0USBフルサイズ、microUSB、HDMIminiの3つの接続端子を備えている事。
メモリ4Gでモニターの解像度は1920×1200、win10の64ビット版付き。

耐久性にはすごく不安が残るが、名のあるメーカーでさえこの分野の物は、あてにならないですからね。

とか、能書き垂れても自分の用途は、あくまでも車内でのメディアプレーヤー( foobar2000 )としてですけどね。

10から8.9なので少しコンパクトに軽くなりました。


最近は、P01の出番は殆ど無く、winタブレットでの音楽再生がメインです。

img_sblog1385.jpg

winタブレットにこだわるのは、foobar2000をフルに使いたいからです

音源はアナログレコード、といってもデジタルアーカイブしたものですけどね。

車内でも24bit/96khzのWAVを圧縮することなくそのまま使用してます。

img_sblog1386.jpg

以前ブログにも書きましたが、UIもディスクトップとほぼ同じ仕様、これがwin10だとまともに動作するんですよね〜

iOSのmcIntosh ap1に負けてないな!(自分勝手に思ってますw)

VUメーターが雰囲気あるでしょ、アナログメーターの様にちゃんと動くんですよ。

img_sblog1387.jpg


興奮してるのはおじさんだけかな(笑)


posted by Bellitech店主 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | デミオ

2017年02月19日

デミオ不調

10年以上乗ってますからね、一つ不具合が起きると、続けざまに色んな不具合が起こるなんてよくある事ですが・・・

昨年夏頃の水漏れ、昨年末のオルタネーター、そして今回も電装系です。

CDヘッドユニットとナビの電源が走行してると落ちるという。

何が悪くて現象を起こしているのか突き止められず、仕事で乗りながらなので1週間ぐらい掛かりました。

人のせいにしたくはありませんが、恐らくディラーめ・・・


CDヘッド、ナビ、プロセッサー、TVチューナー等の後付け電装品用にバッテリーから直に電源ケーブル3系統引いてるんで、先ずは接触不良等確認する為、グローブボックスなどを外し、配線を露わにします。

img_sblog1372.jpg

電源の落ち方などから推測して、一つ疑わしいと思ったのは、キャパシタでした。 

img_sblog1373.jpg

ただ、CDヘッドとナビは個別につけてるので、同時にダメになるのも変だとは思いましたが、ありえなくはないので、予備で所有してた物に交換してみました。

これは、変わらずで原因ではないようです。

img_sblog1374.jpg

CDヘッドとナビは同じ1系統の電源ケーブルからとってますので、配線キットのリレーなんてのも考えられます。

以前使用していたフォグランプのリレーがダメで動作しなくなる事を経験してます。

で、これも交換してみました。しかし、これでもないようです。

img_sblog1375.jpg

基本に戻って、箇所で電圧も計ってみました。すると、通電はしてるが、微妙に弱いような・・・

アースポイントの緩みや、端子接続部分のハマり具合確認し直しましたが、問題はないな・・・

そこで、ホントの最初に戻って、元のヒューズをまじまじ見ても切れてないよな・・・

抜いてみました

すると、『スカッ』てな具合にあっさり抜けました。

普通は多少引っ掛かりがありますよね。

img_sblog1376.jpg

抜いたヒュ−ズみると足が曲がってました。
つまり、本来ハマるべき所にはまっていなくて、片足がケースの間にはまってた様で、ここで、接触不良を起こしてたのが原因の様です。

申し訳ないが、この部分のミスを自分がやってるのであれば、10年も前にこの現象は起きていたはずです。

人のせいにしたくはないが、ここ最近でこの辺を触ってるのは、オルタネーター修理に出したDぐらいです。

img_sblog1377.jpg

細かい事は言いたくないが、バッテリーの端子も新品をつけたばかりで出したのに、この、こねくり回した傷の入りよう

ヒューズを挿し直して1時間弱走行テストしてみたところ、現象は無くなりました

img_sblog1378.jpg


これは、自分が悪いんですが

オーディオパネル外す為に、空調のダイアルを外さなければならないのですが、何度もこんなことしてたせいか、真ん中のダイアルがはめ込めなくなりました

img_sblog1379.jpg

正常なダイアルの軸受けがこの状態

img_sblog1380.jpg

はめ込めなくなった軸受けは奥に引っ込んでしまいました(笑)

笑い事じゃないな・・・

img_sblog1381.jpg

パネルの裏をよく見ると、割れたプラの六角ナットが落ちてました。

img_sblog1382.jpg

割れた六角ナットを接着し、引っ込んだ軸受けを引っ張り戻し、画像の様に設置し直しました。

何度も抜いたり刺したりしてる内にこれが割れて軸受けが引っ込んだようです。

img_sblog1383.jpg

色々ありましたが、無事に何とか復活

img_sblog1384.jpg



posted by Bellitech店主 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | デミオ

2017年02月12日

ロードスター 付着物除去

この前の作業の一部

何か、クリエイトな感じの作業じゃないけど・・・
こういう仕事してるので、あまりダメージ無く出来るのかも

何踏んじゃってるんですか?て感じですけど、勿論お客様のせいではございません。

img_sblog1363.jpg

塗料ではない、ゴム状のものですね

img_sblog1364.jpg

インナーフェンダーも酷い

img_sblog1365.jpg

作業しやすい様に、取敢えずタイヤは、外しました

img_sblog1366.jpg

クリップ類も外しました

img_sblog1367.jpg

img_sblog1368.jpg

img_sblog1369.jpg

タイヤの付着はもはやタイヤと同化してる部分もあって、無理はしてません。

img_sblog1370.jpg

強力な溶剤を使えば綺麗に溶かしとる事は出来ますが、タイヤ自身の変質の方がマズイ事になってしまう恐れがあります。

今回は、出来る範囲でという事ですのでね。

こういう物を、路上に落としたヤツを特定出来て請求出来るのなら、すべて新品にしてもらえば話は早いんですけどね。

世の中、不条理な事ばかりです

posted by Bellitech店主 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両外装のトラブル
最近のトラックバック