2018年04月04日

ロードスターRHT 付着物除去&コーティング

常連のお客様の車輌ですが、
以前も何度か同じ被害を受けていて、同じ作業をしています。

昨年の初めに一連の状況が改善され落ち着いたと思っていたのですが、再発したようです。

駐車場内で建物のモルタル汁が垂れて車両に付着してしまいました。

その付着物除去と再コーティングでの入庫になります。


以前ほど状態は酷くありませんが、フロント中心に点々とモルタルが垂れたものが付着してます。

時間を置くと塗装を浸食し最悪塗り直しになります。

img_sblog2033.jpg

モルタルの付着物除去後、全体を洗車

img_sblog2034.jpg

付着物除去跡を、磨きで綺麗にしていきます

img_sblog2035.jpg

付着物跡も無く、綺麗に出来ました

img_sblog2036.jpg

今回もPCX-S8使用

img_sblog2037.jpg

駐車場の状況が改善されるのを祈るばかりです。


posted by Bellitech店主 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両外装のトラブル

2018年03月25日

RX-7 ( FD3S ) 磨き

ヘッドライト・リッドを新品にしたので、それに合わせる様に調整磨きでした。


こう云っては何ですが、この写真みると死んでる車みたいな状態ですねw

img_sblog2021.jpg

洗車せずに汚れてるのは、まだ良いんですが・・・

シミ・傷やワックスの拭き残しが凄い事に

img_sblog2022.jpg

左フェンダーは特に状態が酷く

素人が缶ペン吹きしたのか、クイック塗装でもしたのか塗肌が酷いのがこの汚れてる状態でも判ります。

img_sblog2024.jpg

洗車し、アイアンカットを噴霧し粘土当ててるんですが、通常は茶紫の研ぎ汁みたいなのが出るんですが、白い研ぎ汁がでます(笑)

この前作業としてワックスの拭き残しを落とす為、全面溶剤拭きも入れてますからね

恐らく、左フェンダの補修塗装をした時に養生せず噴霧してるのが飛んで関係ないパネルに付着したのではと思われます。

はっきり言って作業内容は、もはや事故物件処理になってます(笑)

img_sblog2025.jpg

洗車後、発見!(笑)

ボンネットの運転席側にクッキリ四角い跡

補修塗装してる時、ここに何か乗っけてたんでしょかね?

img_sblog2026.jpg

左フェンダーの補修あと

横に2段ぐらいマスキングした後がくっきり

凄いところで区切ってますね(笑)

img_sblog2027.jpg

養生して磨きに入ります。

バンパも新しそうなんだけど、シングルの肌調整跡が凄いな(笑)

img_sblog2028.jpg

磨き終了

img_sblog2029.jpg

深い傷、欠け等はご勘弁!

img_sblog2030.jpg

パッと見、いい加減な補修塗装してるのが判らなくなる様にまではしました。

img_sblog2031.jpg


死んだ様な状態から生き返りましたね

img_sblog2032.jpg



色々と突っ込みどころ満載の塗装状態でしたが、何とか見栄えする様に戴いている以上には頑張りました。

パリッとしましたね顔1(うれしいカオ)

posted by Bellitech店主 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2018年03月18日

RX-7(FC3S) 磨き&コーティング

2年毎に入庫頂いている車輌になります。

このFCも長い事見てますが、ダイブ水平面がサメサメ(褪色)してピンク色になってきてます。

さあ、どれ程戻せるか・・・

こうご期待!

img_sblog2012.jpg

洗車後、マスキングし磨きに備えます

ボンネットの褪色はかなり来てますな

img_sblog2013.jpg

ファーストカット

最近はあまりやりませんが、ボンネットの左右にてビフォー・アフターしてみました。

img_sblog2014.jpg

今回は3工程の研磨後、コーティング剤を塗布し仕上げました。

img_sblog2015.jpg

良い感じの艶と

ピュアレッドが復活

img_sblog2016.jpg

マツダの現在のソウルレッドのメタリックというよりミラー的な感じも好きですが、スポーツカーはやはりソリッドカラーが似合いますね

img_sblog2017.jpg


バフ類はこの様に赤くなってしまいます

img_sblog2018.jpg

今回は新しい物を試してみましたが、
・・ンンっ
イマイチかな、普通にロングウールで良かったかも

使用したバフの印象は今回に限った話です。
作業する車輌(塗装)が変われば、バフの印象も変わります。

posted by Bellitech店主 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2018年02月25日

ポルシェ911 フィルム施工他

964型の911に全面フィルム施工

断熱効果の高いフィルムをという希望で以下の物を使用
・フロント、運転席・助手席にIKCのFGR500
・リヤ3面にウィンコスプレミアムのHCD-20G

リヤスピーカー周辺からの異音改善
・カタカタとスピーカー周辺から音がするので見て欲しいとの事


先ずはリヤは既に貼ってあるスモークフィルムを剥離する作業から

当初見積もりの段階の話では無かったので当初の予定より時間と費用を了解して貰いました。

img_sblog1993.jpg

結構、濃いめのフィルムですね

img_sblog1994.jpg

リヤスピーカー周りからの異音の件もあるのでリヤセクションは外しました。

ワイパーユニットも外した方がフィルム貼るのにも楽ですからね

img_sblog1995.jpg

剥離作業は糊残りのクリーニング等も含めて3面で3時間ぐらい。

こういう事もリヤ周りの内装をバラすと作業スペースを確保できるので楽ですし、結果早いですね。

img_sblog1996.jpg

HCD-20Gを貼り終えました。

真っ黒ではなく、純正のプライバシーガラスの様な濃さですので上品な感じ

自分的には、この位の年代の車で、この濃さなら違和感ないですね

img_sblog1997.jpg

続いてフロントセクション

先ずはダッシュまわりを養生

img_sblog1998.jpg

せっせとクリーニングです。

img_sblog1999.jpg

サイドも同じように養生しクリーニング後・・・

img_sblog2000.jpg

FGR500をインストール

透明断熱なので作業してるところにフィルムが存在してるか判らないですね(笑)

img_sblog2001.jpg


リヤスピーカー周辺の異音改善作業

お客様が云ってるスピーカーグリルの取付けが甘くてそれが鳴っているのではないかという事のようでしたが、しっかり貼り付いていてそれは問題なさそうですし、スピーカー自体の固定もビス類が緩んでるとかではなさそう。

リヤトレイ自体を揺すってみると元々の組み付け(構造上)の問題で、結構動きます。

それが、接触する内装と擦れてギシギシは音がしましたのでその辺をメインに改善してみたいと思いました。

リヤトレイの奥が当たる鉄板部分に防振のスポンジを貼ります。

img_sblog2002.jpg

遊んでいるスピーカーケーブル類をレジェトレクスやアルミテープで固定していきます

img_sblog2003.jpg

リヤトレイの裏側も

奥に当たる部分に一箇所だけ黄色のスポンジが貼ってありましたが、奥で乗っかってるだけなので、スポンジが貼ってない部分に同じ様に制振スポンジを貼ってみました。
(貼った後の画像撮り忘れた・・・)

隣接する内装と接触する部分には鳴き防止の布テープも貼ってみました。

img_sblog2004.jpg

スピーカー取付け用のステーを固定する部分の留め金具部分にレジェトレクス

img_sblog2005.jpg

スピーカー取付けステーの裏側に・・・

img_sblog2006.jpg

制振スポンジを貼り固定しました。

固定後の画像は撮ってませんが、遊んでいたケーブル類は走行時の振動でパタパタいう事は無くなり、リヤトレイ自体も遊びが無くなり揺すっても当初の様に動かなくなりギシギシ音も無くなりました。

img_sblog2007.jpg

最後に洗車サービス

img_sblog2008.jpg

真っ赤なポルシェ、カッコ良いですね〜

img_sblog2009.jpg

img_sblog2010.jpg


後日、
気になっていたリヤ周りからの異音は無くなったと
お客様からご報告いただきました。
良かったですね!


そう云えば、不思議なもので
去年の1月頃から肩に違和感が出て、夏秋をピークに絶好調だった50肩は、今ダイブ上がるようになり、痛みもほぼ無くなりました。

作業がとってもスムーズ(笑)

posted by Bellitech店主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工

2018年02月22日

ポルシェ カイエン リフレッシュコーティング

某所にて出張作業でした

洗浄と磨きで昨日一日かけ、本日昼過ぎ頃までコーティング塗布及び仕上げ、他でした。


普段ご自身で手洗い洗車をされている方の様で、黒の車輌の割に綺麗な状態ですが、洗車によるスクラッチ、黒故に水平面は雨染みによる塗膜の陥没が多数ございました。

完全除去は無理ですが、出来る限り目立たない様には磨きました。

img_sblog1986.jpg

img_sblog1987.jpg


これは洗車時の様子です。

img_sblog1988.jpg

普段手掛け難いであろう所

シミが酷いですね

img_sblog1989.jpg

シミ取り&コーティングしておきました

img_sblog1990.jpg

ホイールコーティングも同時に行いました。

ブレーキダストのこびり付きやキャリパーの汚れ等出来る限りは落としました。

img_sblog1991.jpg

一皮剥けて、ピシッとした感じになりましたね。

img_sblog1992.jpg


posted by Bellitech店主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング
最近のトラックバック