2021年05月18日

連休中の話…

特定のソフト(foobar2000)使用中に

ブルースクリーン頻発につき、踏ん切りつきました。

以前からOSアップデートとかの後に症状はあったんですが、いつの間にか改善したりしてしばらく出ない事もありました。

昨年後半ぐらいから頻発するようになり、foobar2000自体のアップデートもしてみたり、あれこれ試してはみたものの効果なく

元々、windows7にwindows10を被せた状態で使用してるのも良くないのかという気もしてましたので、PC入れ替えwindows10をクリーンインストールする事に

foobar2000も今まで1.5シリーズを使用してましたが、1.6シリーズにしてみました。

そしてついに、憧れのモンスターマシン導入
(もち中古ですけどね、2世代前のw)

しか〜し、ブルースクリーンの原因、PCどうこうと云うより、OSの電源管理の詳細設定部分が悪さしてたというオチになりそう…

まあ、それも入れ替え作業しても同現象発生したんで気付いたっていう


img_sblog4556.jpg

憧れ〜のZ8番台

モデルでいうと2世代前w
CPUだともう8~9世代前?www

…マジか、もうそんなに世の中は進んでるのね

img_sblog4557.jpg

・CPU:8コア(16スレッド)×2個(物理的にデュアル)
・メモリ:64ギガ
ですって、すげぇ〜w

img_sblog4558.jpg

ありがとぉ〜う!
Z600

img_sblog4559.jpg




そして、入れ替えから数日間

ブルースクリーンは出なくなったが、音声部分で何かまだ安定しない事が発生してる。
判った事があったらまた報告します。



2021.6.3 追加

ブルースクリーン出た後のPC再起動からのfoobar2000を再度使用時に出てた起動エラーメッセージだが

img_sblog4576.jpg

ブルースクリーンまで行かずともfoobar2000自体の再起動時にfoobar2000が起動しなくなる症状発生!
しょうがないのでPC再起動してからのfoobar2000起動時にも上記メッセージが出るようになった。

トラブルシューター実行すると、コンポーネントに問題があるのでアンインストールするか最新版に更新しろとの事だが、これらのコンポーネントには最新版はない。
(推奨されないコンポーネントだという事ですね)

img_sblog4575.jpg

そしてブルースクリーン発生時も同じだったが、これらのコンポーネントを外して実行しても結果は改善しない。

そこで、
デバイスエラ−で落ちてるという事をもう一度考えてみる…

サウンドカードはUSB接続の外付けを使用してるので、その辺を調べてみるとwindows10の省エネモードが疑わしい感じ

下図、電源オプションのスリープやUSB設定の項目部分をオフや無効にしてみる
(省エネやバランスモードよりハイパフォーマンスモードで実行すればいい話か)

img_sblog4573.jpg

しばらく様子見ると、上記までの症状は大分無くなってきた感じがするが、今度は別の再生スピードが微妙に遅くなるみたいな症状が発生(どうなってんだ、笑)

更に調べると

NVIDIAのサウンドドライバーが競合してんじゃねーかとの情報

img_sblog4574.jpg

ビンゴ!
ってな感じ

これを無効にしてみたところ、それまでの症状は改善され今のところは安定している。

グラフィックカードはずっとNVIDIAのQuadroシリーズなのに???

因みに、OSはこの後に最新版の21H1まで更新した。

foobar2000このまま安定してくれる事を期待しますよ〜
タグ:foobar2000
posted by Bellitech店主 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ

2021年03月01日

PC不調につき

アプリは最新こそ最良という事でfoobar2000アップデート

win10は1909を使用していたが、foobar2000使用中にやたらとブルースクリーン吐き出すようになったので20H2に上げてみたが、症状変わらず

foobar2000はver1.5.1を使用していたが、ver1.5.7が出てたのでアップデート

foobar2000は最新1.6シリーズが既に出ているが、それまで使えていたプラグインが幾つか使えなくなる様なので、1.5シリーズのまま使用

暫くこれで様子見

最悪、1.6シリーズにしてスキン作り直しか…
面倒臭い

img_sblog4500.jpg

タグ:foobar2000
posted by Bellitech店主 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ

2020年10月13日

久々にオーディオケーブル自作

部材バラ購入でSPケーブル作ってみました。
長尺必要だったんでかなり安上がりに済んでると思います。

完成形

img_sblog4132g.jpg

銅線1本も落としたくないので、ストリッパーは使用せず、カッターで皮むきしていきます。

img_sblog4133g.jpg

img_sblog4134g.jpg

線材はカナレの4芯
プラグは音光堂
posted by Bellitech店主 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ

2020年09月15日

中古PC(workstation)は手強かった

訳あって新規にPC構成中
中古ですけどね〜

20年前に最初に買ったPC以外は全て今回と同じ中古PC(workstation)だ。
だって、これらを使い始めると新品PC買うのバカらしくなってしまう。(価値観は人それぞれだと思いますが…)

今まで知人・身内に用立てたのを含め6台くらいはこのパターンで特に問題なし。
しかし、今回違うのは初めてOS無し状態(HDD類なし)のモノを購入。

win8以降で構成されたPCはシステムにプロダクトキーがあるので、win10をUSBにダウンロードし、クリーンインストすれば勝手に認証するはずだし、システムディスクに使うデバイス(SSD)くらいは新品買う予定なので、OS&HDD無しでも大丈夫と踏んでいたのですが…

予定通り、新品SSDを搭載し、win10インストール
思った通り認証も問題ない
で、次にデータ用にHDD増設し再起動

問題はここからでした。

電源投入、起動時にRAID BIOSの設定を促すメッセージが常に表示されます。
元々RAID構成で使用されてた個体なんでしょうね。
放っておけばそのままウィンドウズは立ち上がるんですが、起動時に常にそのメッセージ出るのもウザイんですが、立ち上がり時間も余計に掛かる。
BIOSいじってみたり、何か色々やってみましたが効果なし

img_sblog4077pg.jpg

起動時に毎回この画面が出る状態に
ウザッ!

促されるまま、『Ctrl+I』で、RAID BIOSに入ってもボリュームをRAIDにする以外何もメニューが設定できません。

あの〜、RAIDで使う気ないんですけど〜

img_sblog4078pg.jpg

結局
CMOSクリア後、SATAのモードがRAIDになっていたのをAHCIに変更、OS再インストールで何とか納得できる状態に
win10のインストールって大した時間掛からないのですぐにこれをやれば良かったと後の祭り
因みに、BIOSでRAID⇒AHCIだけでは、OSが立ち上がらなくなります。
いい勉強になりました。
posted by Bellitech店主 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ

2019年11月21日

Windows10 定期アップデートによる不具合

自分の使用環境下での話で、皆に当てはまる事ではないのですが…

windowsはアップデートすると不具合発生は定期ですので、必要なければ自身にとっての安定バージョンを使用し続けるのが無難です。

自分はVer.1803を一昨日まで使用してましたが、何かのタイミングで『このバージョンは間もなくサポート対象外になります新しいバージョンにして下さい』みたいなメーセージが出たので、そろそろ良いかと思いVer.1903にアップデートしてみた。
更新後、フリーズする現象発生。更に新しいVer.1909が既にあったので、解消するかと思いすぐさまそれにアップデート。
更にフリーズする頻度が高まる(笑)

Ver.1803でも最初はブルースクリーン頻発してたけど、何かゴニョゴニョしてる内に安定したのでしばらく使ってただけなのだ。

フリーズ(ブラウザー立ち上げてたりの状態からカーソル動かず)するとタスクマネージャーも呼び出せなくなり、電源ボタン長押ししか対処が無く、面倒臭いけど仕事にもならないので少し調べてみました。

人によって色々対処事例があるようだが、自分のはdwm.exeの停止とLiveKernelEventのコード:141のハードウェアエラーという事なので、疑わしきはディスプレアダプター。
デバイスドライバー入れ直してみたところ安定しました。

img_sblog3426.jpg

アップデートによりデバイスドライバーに悪さしたんでしょうね。

ちなドライバーの入れ直しは更新では無く、アンインストール後再起動を実行しないと『最新のドライバーがインストールされてます』みたいなメッセ−ジが出るだけで書き換わりません。

img_sblog3427.jpg

似た症状発生してる方は参考まで…

更に参考まで…

似たような症状が発生した場合
「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ」のインストールがフリーズの原因と思われるので取敢えず削除みたいな情報もありましたが、自分には効果ありませんでした。

追記
約1週間経過してまたもフリーズ現象発生
事前のイベント確認してみるとMicrosoft.Xbox関連のアッデートがあった模様
履歴を見てみると先週のフリーズし始めの頃にもこれのアップデートが発生している。
もしかしたらWindows10の定期アップデートよりこれが原因だったのかもしれない。
自分はこの辺のアプリは使用してないので、Xbox関連アプリを総削除。
その後、先週と同じ様にディスプレイのドライバーを入れ直し、今現在は安定してます。

再追記(2020_1_22)
上記ディスプレイドライバーを入れ直して安定してるように見えたが、チョットするとフリーズ発生、加えてブルースクリーン吐き出す時もあり、ネット上で同様の症状が出てる情報の対処法を参考に色々試してはみたが、解決に至りませんでした。
それが不思議なもので何をせずとも年が明けて1月10日頃から症状が出なくなり安定し始めました。
定期アップデート実行してから約2か月、裏でOSの累積不具合のパッチが当たったんでしょう。
色々調べて悪あがきしたのがバカみたいです(苦笑)
posted by Bellitech店主 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ
最近のトラックバック