2013年11月13日

RX-7(FD3S) ルームクリーニング

いや〜、大分寒くなってきましたね

今月は、外の方の作業が多くて更新空いちゃいました

3日ほど前の作業ですが

久々、RX−7のルークリです

保管状況が良かったのか、内装の傷みの少ない程度良好のFDですね

img_sblog0553.jpg


今日からは、また別の車両の作業です

それは、また後程・・・

来週からはモーターショーもあるしね





2013年10月18日

レカロシート クリーニング

間が空いちゃいましたね

その間に作業したのをUPします

ルームクリーニングというか、シート2脚のみの洗浄作業です

車両買い替えに当たり使用してたレカロのシートを外してクリーニングするという内容です

img_sblog0536.jpg

この様にシートを外してその物のみクリーニングというのも受け付けます

今回は、脱着を当方で行ってますので、そこは別料金になりますが

こういう部分クリーニングもありですね

いい感じに綺麗になりました






2013年07月19日

ディスカバリー ルームクリーニング

今週は、この車両のルームクリーニングを行っておりました

ランドローバー ディスカバリー、初代シリーズになるんでしょうかね

img_sblog0465.jpg

お預かりする前に見積りに行った時、至る所、触るとベタベタし、手が汚れるという

車両にふさわしい使用のされ方だなあと思いました。
年数も相当経ってますしね、クリーニングのし甲斐があります。

今回は、説明より画像をいっぱい載せます。

クリ−ニング前

img_sblog0466.jpg

img_sblog0467.jpg

シートカバーを外すと裏地(和紙の様な物が糊付けされてました)がボロボロでした。
そのせいか、シート本体の生地自体もベタベタでした。

取敢えず、外せる物は車外に出して洗いました。

img_sblog0468.jpg

img_sblog0469.jpg

img_sblog0470.jpg

これは、運転席の天井の一部分を洗ってみたところの汚れです。
勿論、使用したウェスは、元々真っ白いものです。

img_sblog0471.jpg

クリーニング後

img_sblog0472.jpg

img_sblog0473.jpg

img_sblog0474.jpg

img_sblog0475.jpg

img_sblog0476.jpg

img_sblog0477.jpg

作業場の中だけで見ると見落としてしまう部分が出ますので、一通り作業が終わったら、外にも出して確認します。

img_sblog0478.jpg

img_sblog0481.jpg

外して洗った物を戻して完了です。

img_sblog0479.jpg

何だかんだで、3日間掛かりました。

年季が入って、汚れで染まってるフロアカーペットの一部分とか、どうしても落ちないものもありましたが、どこを触ってもサラッとした感触で、気持ち良くお乗り頂けると思います。

いや〜、久々にガッツリとしたルームクリーニング作業でしたね。



2013年01月12日

ミニ シミ抜き

ミニのルークリ、助手席座面のシミ抜きメイン作業です。

IMG_sblog0375.jpg

話を聞くと、食べ物(フライドチキン?)落とし更にジュースもこぼしたとの事

確認しながら入念に洗浄を繰り返します

IMG_sblog0376.jpg

気温が低いんで乾燥に時間がかかりますが、
いい状態になったんじゃないでしょうか

IMG_sblog0377.jpg


2012年09月18日

スカイライン370GT 車内&エンジンルーム

中古で購入された370GTのルームクリーニングです。

喫煙車両だったようで、臭いが気になるとの事で入庫頂きました。

タバコの臭いをごまかす為に、芳香剤なのか消臭剤なのか判りませんがクリーニングをまともに行わないで、それを噴霧しただけみたいな感じで、色々な臭いが混ざり合って変な臭いになってました。
しかも、皮シートなので、表面はべたべたです。

まあ、よくあるパターンです。

車の場合、タバコ臭だけに限らず、臭いを消すのって結構大変な作業なんです。
根本的なとこで完全に臭いを消すとなると全内装パーツを外して裏まで洗わないと無理です。
施工料金的に現実的ではありませんね(過去には、そこまでしてクリーニングしたお客様もおりました、パーツ脱着代だけで数十万です)

現実的なところで、内装パーツを外さなくても、一通りクリーニングするだけでもかなり臭いは落ちてくれますので、少々の事は目をつむって貰うこと前提で作業します。

で、今回もそんな感じで作業進めてたんですが、やっぱ備え付けの灰皿利用してるとダメですね。
いくら強力な洗剤で洗ってもその辺の臭いが消えません。

しょうがないので、その部分のみ外してみました。

IMG_sblog0306.jpg

結構ひどいでしょ?

奥まで灰がこぼれてるのが判ると思います。
(消臭が難しいというのはこういう事です)

IMG_sblog0307.jpg

灰皿が備え付けられているシフトパネルから灰皿部分をさらに外して分解して洗浄です。

IMG_sblog0308.jpg

灰皿周りからの臭いはダイブしなくなりました

あとは、一通り通常のクリーニングを行います。

ベタベタしていた皮部分もさっぱりした感じになりました。

IMG_sblog0309.jpg

ちなみに、これは運転席周り分の汚れです。
全体の約4分の1ですかね、汚い絵でスンマセン

IMG_sblog0310.jpg


続いて、エンジンルームのクリーニングも行いました。
施工前の写真撮るの忘れましたが、走行距離が結構行ってる車両なんで、かなり黒ずんだ油汚れがありました。

いい感じになったんじゃあ無いでしょうか

IMG_sblog0311.jpg

お客様も大変喜んでおりました。

良かったです。


最近のトラックバック