2016年10月30日

MPV シート1脚クリーニング

今回は特殊作業です

訳あって1脚のみ車体から降ろし、分解クリーニングします。

預かった状態

img_sblog1101.jpg

早速分解

img_sblog1102.jpg

分解すると普段手の入らない様な所までクリーニングできます

img_sblog1103.jpg

シート表皮はバケツ等を使用し、洗剤・水道水でざっくり汚れを落とします

img_sblog1104.jpg

ここが一番大変なんですが、クッションのウレタンを洗剤を噴霧し水を流しながら踏み洗いし、汚れの成分を完全に洗い流します。

img_sblog1106.jpg

外したプラスチックパーツやフレーム部分も完全に洗浄し、エアブロードライを行います

img_sblog1105.jpg

シート表皮は更に洗濯機にて入念に洗浄し、自然乾燥を行います。

img_sblog1107.jpg

乾燥を待つこと1週間(気温の低くなって来たこの時期なので・・・)
夏場の高温時期なら2〜3日もあれば完全に乾燥すると思います。
分解したパーツを組み直し完了です。

img_sblog1108.jpg

ここまでするのは、衛生面や完全消臭が目的です。

場合によっては、ここまで行わないと意味が無いのです。

マツダ得意のカラクリシートの為、パーツ点数が多くて大変でしたが、ラッキーだったのはシート表皮と中のウレタンが分離出来るタイプな為、より完璧に作業が行えました。




2015年06月23日

シビック ルームクリーニング

シビックの内外装の作業で入庫頂きました。

先ずは内装からです

内装色が淡色なので、特にシートの汚れが目立つ状態でしたが、入念に洗浄行いました。

img_sblog0881.jpg

良い感じに汚れは落ちてくれました、後は乾燥待ちです。

img_sblog0882.jpg

外装は、明日磨きを行う予定ですが、取敢えず洗車までは本日中に終わらせる事にしました。

同時に、フロントガラスの汚れ落としも行います。

img_sblog0883.jpg

これで、明日は外装の磨き〜コーティングまでを行います。

内装もその間に乾燥する事でしょう。

明日の夕方、引き渡し予定どおりの進捗具合です。








2015年03月24日

AMG E63 ルームクリーニング

昨日の作業、ルームクリーニングの様子でも

先ずは、フロアマットを車外に出し洗浄します

img_sblog0800.jpg

img_sblog0801.jpg

気温もダイブ上がってきた今日この頃、乾燥もめどが立ちます

img_sblog0802.jpg

車内も粗方クリーニング完了

img_sblog0803.jpg

そして今日は、ディテール洗浄から磨きの第一段階まで終わりました。

img_sblog0804.jpg


明日は、目消し〜コーティング、仕上げまで行います。





2014年10月13日

フィット 内装クリーニング

続けて台風とか・・・
こう天気が週末ごとに悪いと仕事にも影響してしまいます。

ちょっと前の作業ですが、ホンダフィットのルームクリーニングを行った時の内容です

基本、パーツとか外すことはしないんですが、今回は少し特別です

img_sblog0648.jpg

この辺は、外した方が洗いやすいという事もあります

img_sblog0649.jpg

煙草を吸われる方なのですが、汚れの割に車内の臭いは気になるほどでもありません
ペットも時々乗せてるそうなのですが、表面上の汚れや臭いは一般的なクリーニングで対処できますが、今回は車内がどの様に汚れているかという事を理解して頂きたく、部分的ではありますが、パーツを外してみた訳です。

あり得ないとこに埃やペットの抜け毛が入っているでしょ?

画像はセンターピラーの下の方の内装の裏です

img_sblog0650.jpg

これは、天井部分の作業前・作業後です

img_sblog0651.jpg

img_sblog0652.jpg

img_sblog0653.jpg

img_sblog0654.jpg

全体をクリーニングして、一度外に出して確認します

img_sblog0655.jpg

img_sblog0657.jpg

img_sblog0656.jpg

上の画像の汚れ具合から相当煙草臭がしそうな感じですが、ホントに気になるような感じではなかったです。

煙草を吸われる方は、エアコンは外気導入(フレッシュ)にして、窓を数センチ下げて吸われるだけで結果は全然違ってきますので、是非お気遣い頂ければ、下取りの時の評価も変わってくるかもしれません。

個人・業者いずれの問い合わせにも常々言ってる事なんですが、表面上の汚れをしっかり落とすことで、大分マシになるんですが、中まで入りこんだものは、全部バラさないと無理です。消臭剤などで一時的にごまかしても、結果変わりませんし、余計変な臭いになる事もあります。

煙草を吸わない方でも、ずっと内気循環(リサーク)で乗られてる方は、気にしてみた方が良いと思います。

作業したフィットはクリーニングで、いい感じになったんですが、

この時は最後の最後に、カギの閉じ込みをさせてしまうという落ちがありました。

img_sblog0658.jpg

お客様にはホントにご迷惑お掛けしました

今までで、2度目ぐらいだな・・・

ホントに気をつけなきゃ




2014年09月09日

FIAT500 ルームクリーニング

これも少し前の作業ですが

中古で購入されて、一度きちんとクリーニングしてから乗り始めたいという事で入庫頂きました。

img_sblog0635.jpg

先ずは、フロアマットを外に出し完全に洗い乾かします

img_sblog0636.jpg

お客様が特に気にしてそうなところは、赤と白のツートンになっている白の皮の部分のようでしたので、特にその部分は入念に汚れを落とします。

ハンドル部分
作業前
img_sblog0637.jpg

作業後
img_sblog0638.jpg

背もたれ

作業前(全体的にうっすら汚れてるんですがその具合が判り難いですよね)
img_sblog0639.jpg

半分だけやってみました
img_sblog0640.jpg

細部
作業前
img_sblog0641.jpg

作業後
img_sblog0642.jpg

こんな感じに、全体をクリーニングしていきます

全体の作業完了後、一度車両を外に出して見落としがないか確認します。
室内で作業してると、作業ライトの影になる部分とかがどうしても甘くなりますので・・・

img_sblog0643.jpg

乾燥したフロアマットを組み付けて作業完了です

いい感じになったと思います


最近のトラックバック