2016年12月22日

プジョー607 ルームクリーニング

今週初めにルームクリーニング作業した607です。

img_sblog1208.jpg

クリーニング前後の比較画像をお届け

先ずはフロアマット
洗浄前

img_sblog1209.jpg

img_sblog1210.jpg

洗浄、乾燥後

img_sblog1211.jpg

img_sblog1212.jpg

次に皮革シート等

img_sblog1213.jpg

どれ程汚れているかを段階的にお見せします

クリーニング前
img_sblog1214.jpg

途中

img_sblog1215.jpg

クリーニング後

img_sblog1216.jpg

ドア部分
全体的に汚れているので、どれ程か解りにくいと思いますが、次の画像をご覧あれ

img_sblog1217.jpg

直接触れている事の長い座面部分とは違うドアでさえこの汚れ

img_sblog1218.jpg

良い感じになるでしょ

img_sblog1219.jpg

ひじ掛け

img_sblog1220.jpg

img_sblog1221.jpg

どうです?
10年以上経過した607の汚れ
淡色の皮革でもこの位は綺麗になります。
皮部分の洗浄後、保湿ケアも怠りません

勿論この画像だけではない細かい部分も入念に作業を行っています
乾燥までも含め2泊3日作業

img_sblog1222.jpg

クリーンに明るさを取り戻した室内
これでまた、気持ちよく乗り続けて頂けること間違いなし

img_sblog1223.jpg

最後に、洗車サービスで完成です

img_sblog1224.jpg






2016年11月02日

RX-7(FC3S) フロアカーペット洗浄

FC3Sのフロアカーペット、丸洗い作業でございます

もしかして、もう新品部品として出てこないのかな?
来年の春までにという事で預かりましたが、そんな悠長な事云ってられません。
保管して置ける場所が先ずありませんので、作業が終了したら、とっとと返すつもりです。

img_sblog1115.jpg

大胆に洗剤と水で洗います。
上記の写真でもそんなに汚れてる風ではないでしょ
でもね、実際はこの時点でコーヒー牛乳の様な茶色の汚れが浮いてきます。

img_sblog1116.jpg

汚れが出てこなくなるまで何度もブラッシング洗浄を繰り返します。

そして、この様に浮かせて更にすすぎ洗いします。

img_sblog1117.jpg

一応ね、裏も洗ってますよ

ここまですると、乾燥した後に寝転がりたくなります(笑)

後、裏に接着してあるフェルト(綿のようなヤツね)なんかを張り替えれば、更に完璧!!

1週間ほど乾燥させればダイジョブでしょ、

よし!




2016年10月30日

MPV シート1脚クリーニング

今回は特殊作業です

訳あって1脚のみ車体から降ろし、分解クリーニングします。

預かった状態

img_sblog1101.jpg

早速分解

img_sblog1102.jpg

分解すると普段手の入らない様な所までクリーニングできます

img_sblog1103.jpg

シート表皮はバケツ等を使用し、洗剤・水道水でざっくり汚れを落とします

img_sblog1104.jpg

ここが一番大変なんですが、クッションのウレタンを洗剤を噴霧し水を流しながら踏み洗いし、汚れの成分を完全に洗い流します。

img_sblog1106.jpg

外したプラスチックパーツやフレーム部分も完全に洗浄し、エアブロードライを行います

img_sblog1105.jpg

シート表皮は更に洗濯機にて入念に洗浄し、自然乾燥を行います。

img_sblog1107.jpg

乾燥を待つこと1週間(気温の低くなって来たこの時期なので・・・)
夏場の高温時期なら2〜3日もあれば完全に乾燥すると思います。
分解したパーツを組み直し完了です。

img_sblog1108.jpg

ここまでするのは、衛生面や完全消臭が目的です。

場合によっては、ここまで行わないと意味が無いのです。

マツダ得意のカラクリシートの為、パーツ点数が多くて大変でしたが、ラッキーだったのはシート表皮と中のウレタンが分離出来るタイプな為、より完璧に作業が行えました。




最近のトラックバック