2017年07月18日

CX-5 透明断熱フィルム施工

CX-5 透明断熱フィルム施工
何度か依頼頂いてる方が、乗り換えとの事で、フロント3面にFGR-500を施工しました。
貼ってある車両に乗ってる時は、然程意識もしないのでしょうが、貼ってない車輌に乗ると、効果を体感できるとの事、これは他のお客様からもよく言われます。

ダッシュボードを養生し、先ずは内窓のクリーニングから

img_sblog1581.jpg

型取り中

img_sblog1582.jpg

ドアガラスも何時ものとおり内貼り外し、作業します。

そういえば、この型のCX-5、留まってるクリップ1箇所が特殊形状でした。

この画像で云うと、左上の鉄板に四角の穴が開いてる部分

外される方は気をつけて(ただ手前に引いても外れません)

img_sblog1583.jpg

フロントマスク、精悍?になりましたね

img_sblog1584.jpg

前モデルと、さほど大きさは変わらないのかな?

乗った感じは、前モデルの方が見切りとか良くて乗り易かったかも、低速のトルクは相変わらずというか更にトルクフルかも

img_sblog1585.jpg

posted by Bellitech店主 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工

2017年06月11日

レガシィB4 フィルム施工

フィルムキャンペーンでの依頼です。

使用フィルムはシルフィードで、運転席・助手席のサイドガラスはFGR-500
リヤサイド、リヤガラスはSC-7045

続きのコーティング作業は、他の作業もありますので週末でございます。

img_sblog1525.jpg

img_sblog1526.jpg

先ずは、ガラスをクリーニング

img_sblog1527.jpg

運転席・助手席はFGR-500施工

可視光線透過率貼る前が75%で、貼りつけ後が71%です。

結構ギリギリですね

img_sblog1528.jpg

リヤは、ハイマウントとリヤトレイがガラス ギリギリなので内装分解します。

img_sblog1529.jpg

フィルムを貼る作業よりも、こうした前作業の方が大変だったりしますね。

レガシィは何台かこなしてますので、慣れたもんです。

ってが〜!

img_sblog1530.jpg

こちらも、先ずはガラスのクリーニングから

img_sblog1531.jpg

フィルムの型どり

img_sblog1532.jpg

元々、リヤセクションは着色ガラスが採用されてますが、45%の断熱フィルムを貼る事でより引き締まった感じになりました。

決して真っ黒ではないので、品質も落とさないと思います。

img_sblog1533.jpg

そして、コーティング作業に続きます

posted by Bellitech店主 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工

2017年06月07日

コスモスポーツ フィルム施工

数年前にもリヤとサイドは当方で施工してますが、今回はフロントガラスにも施工します。
施工フィルムは3MのPureCut89

着色ガラスの無い時代の旧車の品質を損ねません

img_sblog1517.jpg

先ずは、ダッシュボード周りを養生

img_sblog1518.jpg

ガラス内側をひたすらクリーニングします

img_sblog1519.jpg

フィルムを乗っけて型どり中

img_sblog1520.jpg

施工後です。

写真だと貼ったのが判らないね

img_sblog1521.jpg

施工液等で汚れますので、最後は洗車サービスを行います。

img_sblog1522.jpg

カッケ〜!

img_sblog1523.jpg

超、かっけ〜!!

img_sblog1524.jpg

実物触れるって、仕事やってて良かった!と思えますね


posted by Bellitech店主 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工

2017年05月12日

フェアレディZ(Z32)リフレッシュ作業 2日目

リフレッシュ作業 2日目
・フィルム貼り替え
・ガラスクリーニング
・インテリアクリーニング

リヤガラスの視認性が悪いとの事

フィルムの経年劣化で変色、粘着剤の波打ち・白濁が発生していて、確かに見難いです。

最初は剥がすのみの話でしたが、剥がしたら剥がしたで、これからの時期、暑いですよとの提案にて貼り直す事に決定(ナイス俺!)

img_sblog1476.jpg

斑点模様に白濁し始めていて、もう直ぐバブリングがおきる一歩手前

そうすると更に視認性が無くなります

img_sblog1477.jpg

フィルムを剥ぐと案の定、粘着剤が満遍なく大量に残りました。

それと強烈な腐敗臭がします

img_sblog1478.jpg

リヤゲートが開くタイプの車輌なので、まだ助かります。

セダンなどの車内に閉じこもってやる車両だと、地獄の様な体験をさせてもらえます(笑)

img_sblog1479.jpg

粘着剤は、幸い弱いタイプの溶剤に反応してくれましたので、まだ助かりました。

それでも、単に溶剤で拭き取れる様な状態ではないので、反応させながら少しずつ削ぎ落とします。

img_sblog1480.jpg

取敢えず粘着剤を除去したところです。

img_sblog1481.jpg

更に、ガラス用の研磨剤にて磨きます

img_sblog1482.jpg

ノーマルの視認性:クリア感が戻りました

img_sblog1483.jpg

そしてフィルムの貼り直しです。

フィルムを剥いでクリーニングするところまでで、2時間以上、フィルムを貼るのは成型含め1時間位なもんです。

フィルムの剥離作業は工賃として中々認めて貰えない(理解してもらえない事が多い)のが現状ではないかと思いますが、こういう事をUPする事で、作業としてどっちが大変か、少しは理解頂けるのではないでしょうか

今回は、これでもまだ楽な方です。
同じ様にゲートが開くタイプでも、フィルムの剥離と粘着剤の除去で半日以上掛かったなんて事も過去にはありました。
ガラスに残った粘着剤が、あらゆる溶剤に反応し難いとかね

img_sblog1484.jpg

続いて、ガラス表面のクリーニンング

自然に出来るシミ等によるモノだけではなく、撥水加工の不備により白濁し視認性が悪くなっておりました。

撥水剤の余剰成分を拭き切れてないんですね。
そのまま固着してしまったようです

img_sblog1485.jpg

フロントは特に酷い

img_sblog1486.jpg

ガラス用の研磨剤で磨きます

img_sblog1487.jpg

色々画像は端折ってますが、インテリアクリーニングも併せて行いました。

中古車購入の乗り出しにあたり、サッパリした感じになっていいと思います。

img_sblog1488.jpg


3日目に続く・・・

posted by Bellitech店主 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工

2016年11月28日

BMW523d フィルム剥離

本日はBMWのフィルム剥離作業です。

img_sblog1152.jpg

貼り直しではなく、あくまで剥離作業

夜間に後方視界が悪いとの事らしいです

可視光透過率5%の物が使用されてるようですが、メーカー等により同じ濃さの筈が実際に貼ってみると見え方が全然違う場合があります。

img_sblog1153.jpg

ヒートガン使用しながら剥離してますが大夫糊が残りますね〜

この車両は新車時から貼ってたとしても3年も経ってない筈ですが、この辺もフィルムメーカーにより違いが大きく出ます。

img_sblog1154.jpg

残った粘着剤を綺麗に落とし作業終了です。

img_sblog1155.jpg

元々、ウチで貼った車両ではないので、電話での見積りは金額をはっきり提示せず、事前に一度お越しいただきました。

自分のところで扱っている物ならこの様な時に、どうなるか大体の事は解りますが、他所で貼られたものは何も保証する事は出来ない訳で、しかも今は値段だけで貼られてるフィルムも多いので、こういう時に粘着剤がどうなるのかまるっきり考えられてない物も大量に出回っているのです。特に海外製造の物にみられるようです。


posted by Bellitech店主 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工
最近のトラックバック