2017年07月14日

クラウン・アスリート コーティング&ガラス撥水作業

お預かりした時点で何となく綺麗で撥水もしてたんですが・・・
磨くまでの作業で2日掛かってます
(メッシュグリル部分のみで都合丸1日です)
施工前後をUPしてみました

購入されたばかりの認定中古車です

施工前 : 画像で見る限り、表面上は綺麗ですね
以降の画像をご覧頂けば、ディーラーの認定中古が如何に表面のみ繕っているかが判ると思います。
あくまでもディテーリング(美観)に関する事ですけどね

img_sblog1546.jpg

想像ですが

GS等のWAX洗車の様な物を施工し、きちんと拭き上げを行わない為、WAXなのかコーティングなのか解りませんが、それ自体が汚れになってる感じです。

他の箇所も同じように施工不十分な撥水させる成分が汚れを抱き込んでしまっています。

img_sblog1547.jpg

通常の洗車程度ではビクともしません

img_sblog1548.jpg

ここまで戻すのに、洗っては乾燥確認を繰り返し、丸1日掛かってます。

img_sblog1549.jpg

img_sblog1550.jpg

下回り部分

img_sblog1551.jpg

img_sblog1552.jpg

img_sblog1553.jpg

img_sblog1554.jpg

img_sblog1555.jpg

img_sblog1556.jpg

ヘッドライト上部

img_sblog1557.jpg

img_sblog1558.jpg

img_sblog1559.jpg

img_sblog1560.jpg

ボンネット先端部分のメッキパーツ

img_sblog1561.jpg

img_sblog1562.jpg

ホイール部分

img_sblog1563.jpg

img_sblog1564.jpg

img_sblog1565.jpg

img_sblog1566.jpg

img_sblog1567.jpg

img_sblog1568.jpg

ガラス撥水加工の前処理

img_sblog1569.jpg

img_sblog1571.jpg

img_sblog1570.jpg

養生し、いよいよボディー部分の磨きです

img_sblog1572.jpg

パールホワイトなので写真でダメージ具合を表現するのは難しのですが、一見綺麗に見えても、こんな感じにシミによる陥没、微細な洗車キズ等はございます

img_sblog1573.jpg

細部を徹底的に綺麗にする事でパールホワイトが際立ちますね

今回もPCX-S8使用

img_sblog1574.jpg








posted by Bellitech店主 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2017年06月17日

レガシィB4 コーティング施工

レガシィB4 コーティング施工
経年車磨き&PCX-S8塗布
今回も良い感じに仕上がりました。

先ずは洗車、ディテール洗車とザラツキを除去後、更に洗車します。

img_sblog1534.jpg

マスキングを施し、いよいよ磨き作業

img_sblog1535.jpg

パッと見は綺麗なんですが、作業灯を当てるとご覧の様に洗車等によるスクラッチ、雨染みによる陥没が見られます

img_sblog1536.jpg

サイドもスクラッチが結構多いですね


img_sblog1537.jpg

ファースト研磨中

img_sblog1538.jpg

ファースト研磨で洗車キズ等を除去します

この後、もう一工程磨きを入れます

img_sblog1539.jpg

途中、写真撮ってなかった・・・

PCX-S8塗布

img_sblog1540.jpg

仕上げ作業が丁度終わった位にお客様がお見えになりました。

大変満足のご様子で、色々と報われます顔1(うれしいカオ)



posted by Bellitech店主 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング

2017年05月13日

フェアレディZ(Z32)リフレッシュ作業 3日目

リフレッシュ作業 3日目
・磨き&コーティング施工

さて、いよいよ外装の磨き&コーティング作業です

img_sblog1489.jpg

え〜と、初めに言い訳しておきますと

残念ながらフロントバンパーに関しまして、ご覧の様にクラックが発生しており、入魂の磨きという訳にはいきません。

汚れを落とす程度に止めます。

決して傷ではないです

img_sblog1490.jpg

磨く前のボンネットの状態

img_sblog1491.jpg

磨いた後のボンネット

img_sblog1492.jpg

リヤゲートを開けたCピラーの内側

img_sblog1493.jpg

リヤゲートを閉じていれば通常見えない部分ではありますが、リヤフェンダーとの繋がりになる為、ここが綺麗かどうかで大夫印象変わると思うんです

img_sblog1494.jpg

フィニッシュとして、外したエンブレム等を戻し終了

img_sblog1496.jpg

今回もコーティング剤はPCX-S8使用

img_sblog1497.jpg

当時憧れの車輌のひとつ

今もかっちょえ〜  です!

img_sblog1495.jpg

中古で購入した当時の憧れの車輌をリフレッシュし乗り出す!

費用等の事もありますが、出来る限りの作業でお手伝いさせて頂きました。

良いですね!!


posted by Bellitech店主 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング
最近のトラックバック