2015年01月16日

プジョー106 エンジンルームクリーニング

年末のオーディオ取付を行った106の続き作業を今週はしています。

先ずは、エンジンルームのクリーニングからです

施工前の写真6枚

img_sblog0707.jpg

左右ストラット周りの隙間が特に汚れてるのが判ると思います

img_sblog0708.jpg

img_sblog0709.jpg

ヘッドカバーから下、オイルが滲んで黒ずんでますね

img_sblog0710.jpg

フレームの塗装部分も薄黒く汚れてます

img_sblog0711.jpg

ボンネットフード裏も黒く汚れてます

img_sblog0712.jpg

施工後の写真

タワーバーの塗装剥がれはどうしようもないんですけどね・・・

img_sblog0713.jpg

img_sblog0714.jpg

img_sblog0715.jpg

img_sblog0716.jpg

img_sblog0717.jpg

どうです?
大分綺麗になったと思いませんか

一応、フレームやボンネット裏などの塗装部分は、手の入る部分だけではありますが、クリーニング後コーティング剤を塗布してます。

今回は、中古で購入した106を乗り出しに当たり、一度リフレッシュしてというメニューです。

作業はこの後、ディテール洗浄、磨き、コーティングと続きます。

106も販売終了から10年以上経ちますか?

中々の汚れ具合なんですが、予算内で出来る限りの事をします。



posted by Bellitech店主 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | エンジンルーム

2013年01月10日

シビックR エンジンルーム

ミニのルークリの前にもう1台

シビックRのエンジンルームクリーニングです

普段まめに洗車とかされてる方で、エンジンルームも普通の人から見ればどこ洗う必要があるの?
というレベルでしたが、『やっぱり、プロは違うな。頼んで良かった』と作業後の状態を見て言ってもらいました。

IMG_sblog0373.jpg

Rの赤ヘッド良いですよね

ボンネット裏も洗いたかったんで、インシュレーター外そうとしたら、クリップが割れて再利用効かないものでした。部品を新品購入して頂けるとの了解で外しました。

良い感じになったんじゃないでしょうか

IMG_sblog0374.jpg




posted by Bellitech店主 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム

2012年11月27日

4日目は?

て、連休終わってるじゃね〜か

ホントは、昨日休もうと思ってたんですが、
(仕事があるってありがたい!)

急遽でしたが、このくらいの作業なので受けちゃいました。

一応、インシュレーター外してボンネット裏も洗ってます

IMG_sblog0338.jpg

エンジンルームまで綺麗にしてると

大事にしてる!!

て感じになりますよね。



で、今日から3日間は出張作業で不在にしておりますが
メールは帰って来てから毎日チェックしてますし
電話も受けられますので、御用があれば遠慮なく


金曜あたりに休みたいな

あっ、月末で無理だ



posted by Bellitech店主 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム

2012年07月01日

FD3S クリーニング

あぁ〜 もう7月ですか

バタバタしていて、末日にしなきゃいけない事まだやってない

ぅんもう、明日やります。


なんか頭の芯が重いんだよね今日

取敢えず、今日の分の作業は、やっと終わらせました。

エンジンルームから始まりディテール洗浄、
そして粘土掛け(これが諸々避けながらなんで気を遣うし、時間掛かりました)

明日磨きますよ〜

IMG_sblog0207.jpg


今日出来る事を明日に残すなとか言われそうですが
いや、もう明日にします。

今日は早目に切上げるでげす。





追記
ちなみに、タワープレートの表面は外した状態で、手掛け塗込み式のコーティングしちゃいました。
いい艶でるんだけど、言うと『このコーティング剤使えるでしょ』とか調子に乗るやつがいるからな
使用物は敢えて言わずにおこう



posted by Bellitech店主 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム

2012年02月16日

プジョー106 エンジンルームクリーニング

エンジンルーム、最近の車はエンジンフードを空けても樹脂パーツで覆われていて中々クリーニングするまでなんて考えないかもしれませんね。オーナ−がエンジンルーム見て不具合なんかの判断するとかし難い作りになってますよね。

それ故、この頃の年代の車両の方が愛着あったりします。

まずは、フード裏から
万遍なく汚れてますので、どの位の汚れか解らないでしょ

IMG_sblog0040.jpg

3分の2位洗ってみました

IMG_sblog0041.jpg

フ−ド裏の洗浄はこれで完了

IMG_sblog0042.jpg

続いて、エンジンル−ム

IMG_sblog0043.jpg

で、クリーニング完了

IMG_sblog0044.jpg

今回は、エンジンヘッド回りのオイル滲みの原因を特定する為の意味もありクリーニングする事になりました。

サイレンサーが原因だと良いですね


外装コーテングに続きます


posted by Bellitech店主 at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム
最近のトラックバック