2016年11月15日

RX-7(FD3S)リップスポイラー×ダイノック

以前使用したカーボン調のフィルムは浮きが酷くて貼り直す事にしました。

今回は3Mのダイノックカーボン調

早速、施工後の画像

img_sblog1143.jpg

取敢えず、貼る事は出来るんですよ
この位の曲面なら

問題は、キツイ凹部分が後で浮いてくるかどうかです。

img_sblog1144.jpg

車体に実際取り付けてみました

img_sblog1145.jpg

以前の方が、いかにもカーボンな感じでしたが、これはこれで引き締まった感じになり中々です。

既にお気付きの方もいるかも知れませんが、私のFDは前期型ですが、使用しているリップスポイラーは後期用の純正です。

これがどういう事か、詳しい人は判ると思いますが、非常に面倒くさい事をしております。

普通はこの様にフィッティングさせる事は出来ないのです。

img_sblog1146.jpg

フフフッ!
ま、自己満足ですけど

ラッピング作業で、指先が軽くやけど状態でヒリヒリしてる事は内緒です


posted by Bellitech店主 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-7

2014年12月15日

FD3S 車検

本日は、仕事の予定が変わってしまいましたのでMyFD号の車検を前倒しで行いました。

何かあっても当日になるべく対応出来るように午前の予約でライン検査に入りました。

img_sblog0683.jpg

この前からパーツ変更してる部分、気掛りなところもある為少し覚悟はしてましたが、2点ダメだしを喰らいました。

一つは、マフラーの近接音量
もう一つは、ヘッドライトです。

スポーツキャタライザを導入した為、少しは音量上がるとは思ってましたが、検査員に測定器を当てられ『高いね、コレ』と言われ、測定数値を見たら101db位でした。
検査員にそう言われた事と、自分でもどこか96dbという頭があり、随分差があるな〜、ダメなのかコレ?
と思っていたら、別の検査員の方の『H5年式だから、103db以内だからOKでしょ』と突っ込みが入り、
難無きを得ました。『H10以前だから違うんだ』と思いだし、アブナイアブナイ!

もう一つのヘッドライトは、HIDに変えたばかりですが、テスターが光軸を取り難いという話を聞いていたので一応、ハロゲンバルブを用意して行きました。

見ていると左側はOKそうでしたが、右側で測定器が随分悩んでる動きをしていました。
結果×でした。

ラインから出てきてライトを確認すると、右が全然暗い
前日までは、まともに点灯してたのにタイミングが悪い(安物なのでここで故障か?)

そんなの確認してる場合ではないので、持って行ったハロゲンバルブに交換して再度ライン検査を行いました。

この状態で問題なく合格しました。

HIDに関しては、正常な状態で光軸が取れるのかどうかを確認したかったんですが、ちょっと不満が残りました。

保証期間内の物なので、購入先に交換依頼をしようと思います。


img_sblog0684.jpg

そして、安定の低走行距離w

いいんです


毎度言っておりますが、距離走ってないんだから道路にも負担掛けてないでしょ
こういう事で、継続年数が長くなると増える重量税とか逆に軽減とかしてくれないもんですかね、まったく

短いサイクルで新しい物に買い替える事が優遇される制度は企業にとっては良い事なのでしょうが、文化としてみたときはどうなんでしょうかね。


ちなみに、MyFD号、これで丸21年経過です。








posted by Bellitech店主 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-7

2014年12月12日

ついでに画像載せようっと・・・ FD3S キャタライザ

この前、色々いじってた時に撮った写真

これはもうちょっと前に交換しておりましたが、交換後殆ど走行してなかったので全然汚れていません

img_sblog0682.jpg

数年、純正触媒に戻していたんですがやっとスポーツキャタライザに交換しました

元々、燃調はフルデュアルに合わせてるんで、これでやっと久々に4ビートとの辻褄が割と合う感じになります

自分の車両はここが違うだけで加速が別物に変わります

いかに純正触媒が抵抗になっているか改めて判りますね

純正触媒の重さも別格ですけどね





posted by Bellitech店主 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-7

2014年11月28日

FD3S タイヤ交換

今回のちょこちょこいじってたのの本筋はこれ

タイヤの組み替え自体は依頼してやって貰うんですが、車体からの取付け取外しは自分で行いました。

img_sblog0677.jpg

今まではBSのREシリーズ(ポテンザの71からの流れのやつ)をずっと使用しておりましたが、今回ダンロップのZU☆にしてみました。

img_sblog0678.jpg

REシリーズにしなかった理由の一つは、フロントに今まで使用してたサイズの設定が無くなった事が一番ですが、色んなメーカーのを試してみるのも良いかなと。
別の車両を含め、横浜、トーヨー、グッドイヤーとかは使用した事はあるんですが、ダンロップだけそう言えば、一度も使用した事が無かったかなと。
DIREZZA評価良さげですもんね

img_sblog0679.jpg 

とまあ、ここまでは良かったんですが、
車体を持ち上げた時に、下回りを一応点検しててオイル滲みがあるのを発見。
手の届く範囲で洗浄拭き取りを行い、走行テストしてみるとパワ−プラントのフロントの辺りに漏れてくるようでした。
これ以上は、自分では特定出来そうにないのでいつもお世話になっているナイトスポーツにお願いしました。
シフトリンケージ?の後端部分のOリングの劣化によるものでした。
危惧してた他の部分(エキセントリックシャフトの方)ではなくて今回は一安心ですが、いずれはそっちも症状が出るんでしょうね。

しばらくは、安心して乗れそうです。
とか言って、FDは一か所こういう事が起きると連鎖して不具合が出てくるんですよね。
覚悟はしてるつもりです


posted by Bellitech店主 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-7

2014年11月26日

RX-7 フロントリップ カーボン調加工 

自分のFDは前期型なんですが、無理やり後期型のリップスポイラを使用しています。

img_sblog0675.jpg

色々いじってるついでに、フロントリップスポイラをカーボン調シートでラッピングしてみました。

img_sblog0680.jpg

で、取り付けたところ

img_sblog0676.jpg

写真だと綺麗に収まってる風でしょ

ダイノックにしようか迷ったんだけど、ネット通販とかで、カーボン柄が立体的に見える物に興味をそそられ
試してみました。

見た目は確かにダイノックより、本物のカーボンに近い感じに見えます。

しかし、粘着力が弱いですね、
取敢えず貼る事は出来るんですが、曲面が凹になっているところが、一旦収まりはつくんですが直ぐに浮いてきます。

んん・・・
やはりダイノックにすれば良かったかも
でも、ダイノックシートでも曲面キツイと浮いちゃうんだよな・・・

また、後で考えます




posted by Bellitech店主 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | RX-7
最近のトラックバック