2014年06月06日

GT-R電装品取付

先日、GT-Rに電装品の取付行いました

ドライブレコーダ、レーダ(OBD2情報も表示)、TVを走行中に助手席の人が見れる様に。

先ず、センターコンソール周りをバラします

img_sblog0601.jpg

データシステムから販売されてる配線KITを噛ますのに、オーディオユニットを完全に外さなくてもいいんですが、裏に作業スペースが無い為、少し前に出す必要があります。

助手席側からみた状態です

img_sblog0602.jpg

取付後、動作確認

img_sblog0603.jpg

COWONのドライブレコーダの映像です

img_sblog0604.jpg

次に、OBD2の情報を、YUPITERUのレーダに表示できるようにします
(OBDレシーバもYUPITERUです)

OBDの端子は、運転席ダッシュパネル下の蓋を開けると、この様に蓋にくっついています

img_sblog0605.jpg

そのままだと、OBDのレシーバを接続すると蓋が閉まらなくなるので蓋から切り離し接続します

img_sblog0606.jpg

レーダ(ル−ムミラータイプ)のモニタ部分にOBDの情報を表示確認

img_sblog0607.jpg

今回の作業の為にシフトインジケータとかもバラしたんですが、戻す時、インジケータスライダとか気を付けないとシフトの動きに引っ掛かりが発生して渋くなるので注意が必要です

実際、組み付けてからその状態になり、再度やり直しました。

img_sblog0608.jpg

車が車(GT-R)だけにちょっと、ビビりますよね

そうは言っても国産車ですからね


いい勉強になりました







posted by Bellitech店主 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カーオーディオ・ナビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99009772

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック