2023年04月07日

発売されたばかり

で早速注文したら、納期不明との連絡

この前のエアーダスターもそうだが、車だけじゃなくいろんな分野で供給不足なのね〜

まあ、気長に待ちますよ

img_sblog6544.jpg



4月13日 追記

134意外と早く入荷。

発注した時の様子だと1か月くらい待たされるのかと思ってたら…

テストするにふさわしいか判りませんが、丁度新車のパールホワイトでたまにあるスッキリしない塗面の車両が入庫中。

・PED132+ウールバフ+Expeed ⇒ 1発だと今一スッキリ感が出ない、数回繰り返さないとな感じ
・RPED134+ウールバフ+Expeed ⇒ 1発である程度満足する仕上がり

どのメーカーのも縦型のWは横型に比べ今一な感じでしたが、134は横型(ルペスの15あたり)と遜色ない感じ。しかも3以上で回してる分にはバフが全面当たってない異形面でも回転は止まらない(132の方が低回転では止まらないかも、主モーターは同じでもWユニットが別物という感じ )

ファーストインプレッションなので今後評価変わる可能性ありますが、PED132や150GPに感じたダルさが解消された感じです。

img_sblog6545.jpg

自分的には気に入りました。

ただ重い事は重い…


4月14日 追記

RPED134とPED132(RPED132)の違い

Wアクション部分の白いカバーの厚みが134の方が薄くなったので、写真の様に置いた時グリップなどの位置が下がって重心も低くなるかと思ってたのですが、134の方はマジックパッドの厚みもあり、サイドグリップ取付け部から白いカバーまでの厚みがあるので、結局ハンドルの位置は全く一緒です。
ただ、個人的な感想だと見た目の野暮ったさは無くなった様な気がします(笑)

img_sblog6519.jpg

1台を丸々磨いてみての感想。134は3以上で回してると回転止まらないといったのは間違いで、全回転域で止まるシチュエーションあります。しかし、横型も含めた従来のWアクションに比べれば、それが気になる様な事はほぼ無いかなぁ〜という感じ。
敢えてPED132を見直すとWアクションと言いつつも同社のギヤRPEG132と同じ様に回転部分がロックされていてスイッチONで強制回転されてるので、PED132はどの回転域でも止まる事は有りません。しかし、研磨スピード仕上がりはRPED134が完全に上、RPEG132のギヤを持っていれば敢えてPED132は必要ないかなという感想です。
実際自分にはPED132は磨くのも目消しするのにも中途半端な印象で購入して殆ど使用してませんでしたが、RPED134は目消し含め積極的に使用する気にさせます。

と、まあ個人的な感想でした。

posted by Bellitech店主 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の事など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190305612

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック