2022年07月31日

RX-7(FD3S) 外装納車仕上げ

外装の磨き作業でした。

FD3Sの6型、マツダの過渡期のソリッド赤(自分の中ではそういう捉え方です)故、どうしようもない部分もありますが、大夫経年感は解消されたと思います。


FD3Sの6型のみクリアがトップコートとして塗られています。

過渡期の仕上げの為か、そのクリア塗装が邪魔して下の赤の経年劣化でピンク色になってるのを磨いても赤に戻りません。

5型まではクリアのない赤そのもので仕上がってるので、ピンクもしくは白く経年劣化しても磨く事により赤が復活します。

img_sblog5696.jpg

パーツの接合部の汚れなど

img_sblog5697.jpg

ディテール洗浄含む洗車から

img_sblog5698.jpg

付着物も結構ありますね

img_sblog5699.jpg

入念な洗浄により堆積した汚れを可能な限り落としていきます

img_sblog5700.jpg

必要部分を養生して磨きに入ります

img_sblog5701.jpg

最初に書いたように、磨いても経年劣化のピンク色は完全赤に復活しませんが…

img_sblog5702.jpg

大夫良い感じになったと思います。

img_sblog5703.jpg

img_sblog5704.jpg

posted by Bellitech店主 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189724406

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック