2018年11月10日

ミニ・クラブマン ガラス系コーティング

今週後半は、この車両
ミニ・クラブマン
作業車両としてマジマジ見ると現行は大夫ワイドになりましたね。

ボディーカラーは気難しそうな感じです、頑張りますよ〜

先ずは洗車から

って、既に洗車後の写真です

img_sblog2454.jpg

洗車後にボディーチェックすると、ボンネット部分は、結構なキズが・・・

特にラインデカール付近に多く見受けられ、貼る時に傷入れたんじゃないかなと思っておりましたら、お客様に引き渡す時に伺ったらその様です。

img_sblog2455.jpg

img_sblog2456.jpg

登録からまだそんなに経ってない様ですが、洗車キズの様な感じの物も結構エグく入ってますね

img_sblog2457.jpg

マスキングして磨きに備えます

相変わらずマスキングを多く必要とする車両です。

ラインデカールはボディー磨くのと同じにバフ掛けすると劣化が早まりますので、その部分もキチンと養生します。

img_sblog2458.jpg

スクラッチオフ完了

ほぼ新車なんですが、入っていたスクラッチが酷かったので、それなりに結構磨きました。
(写真の角度が違いますがデカール付近の施工傷が無くなってるのが判ると思います)

img_sblog2459.jpg

今回もコーティング剤はPCX-S8使用

ルーフはシルバーメタなのですが、以外はソリッドの紺なので、傷は目立ち易いですね〜、気を遣います。

img_sblog2460.jpg

良い感じに仕上がったんじゃないでしょうか。

img_sblog2461.jpg



posted by Bellitech店主 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184916691

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック