2017年01月08日

ロードスター 東京オートサロン出展仕上げ

東京オートサロン終了後の流行りから遅れた投稿になりますが・・・

年明け作業の一発目

あのSHOPのデモカー2台、

モーターショウや新車発表会に出品される様なラインオフしてきたばかりの車両とは違い、パーツ開発の為のテスト、各イベント等への貸出し、雑誌等のレビューの為にサーキット等のハード走行等々、状態は、いちユーザーの車両よりも過酷な使用状況の車輌な訳です。

オートサロンに出展の為、サッパリさせます。

先ずは、ロードスターから・・・

フロントリップは、新品に交換の為、この時点では外されてます
img_sblog1261.jpg

先ずは、エンジンルームから

img_sblog1262.jpg

オリジナルタワーバーをお披露目する為、エンジンルームも勿論開けてお見せする事でしょう

img_sblog1263.jpg

極端に汚れてる訳ではないのですが、うっすらと土埃や

img_sblog1264.jpg

樹脂、ゴム類などの黒いパーツが白茶けて如何にも経年車両という感じがします

img_sblog1265.jpg

img_sblog1266.jpg

エンジンルームクリーニング後

img_sblog1267.jpg

他の部分の汚れが落ち、タワーバーも引き締まって見えますね。

img_sblog1268.jpg

img_sblog1269.jpg

img_sblog1270.jpg

樹脂、ゴム類パーツには、洗浄するだけでは、パサパサ、パキパキになってしまいますので、保護剤を塗布します

img_sblog1271.jpg

続いて、ホイール等のディーテール洗浄。
ブレーキもスポーツパッドの採用の為、よりダストが酷かったりします。

img_sblog1272.jpg

今回、ホイールは外して作業してませんが、出来るだけ手を入れて時間を掛け洗浄しています。
勿論これが出来るのは、ホイールの形状によるところもありますが

img_sblog1274.jpg

そして、塗装部分
ソウルレッドが、シミやスクラッチでくすんでいます。

img_sblog1275.jpg

養生をし、磨きに入ります

img_sblog1276.jpg

起毛の幌にコンパウンドの磨き粉が付着しないよう気を使います

img_sblog1277.jpg

入魂の磨き・・・

RUPESのダブルアクションでは埒が明かない為、シングルウールから

それだけ状態は良くなかったんです、これホント。

img_sblog1278.jpg

で、RUPESで目消ししていきます。

img_sblog1279.jpg

現地のライティングで確認出来てる訳ではないので、不安はありますが、良い感じに復活したと思います。

あの様なショウ会場のライティングって、特別なんですよね。

本来なら、現地で車両を設置した後、照明全開時の状態で仕上げるのがベストですけど、色んな都合というものがありますからね

img_sblog1280.jpg

幌をオープンにして、色んな部分の確認中

img_sblog1281.jpg

エアロパーツ、そして出口だけのなんちゃってチタンでは無い、モノホンのチタンマフラーカッコいい

img_sblog1282.jpg

img_sblog1283.jpg

オリジナルブレーキキャリパーもカッコいい・・・

img_sblog1284.jpg

外に出して、一周確認

img_sblog1285.jpg

img_sblog1286.jpg

さあ、納めに行きますよ

役得♡

img_sblog1287.jpg

そして作業は2台目へ・・・




posted by Bellitech店主 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178439634

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック