2016年02月07日

RX-7(FD3S) 磨き&コーティング

年初めに作業した白いFD3Sとは別の白いFD3Sなんですが、まあ同じようなのが続きます

これも下地処理からのコーティングです

洗っても落ちない付着物で結構汚れてるんですよね
それを、簡単に見て判るようにある溶剤を使用したところです

歯医者さんに行くと、どれ程歯が汚れているか赤く反応する液体を使用して見せてくれますよね
あれの様な感じですかね

img_sblog0995.jpg

すごい反応(紫色に反応します)なのが見て取れますが、
それとソリットカラーなのでチョ−キング(粉状にパサパサした感じになります)により艶が引けてます

img_sblog0996.jpg

白のソリットはここまでになると元の艶に戻すのが結構大変だったりします
磨いた後の画像と前の画像とは全然艶感が違うのが判ると思います
 
img_sblog0997.jpg

あと、FD3Sで気になるのがサイドミラーの付け根の窓寄りの部分(赤で囲った部分)、新しいときは気にならないんですけどね

外さない場合は手磨きもしたりするんですが、この様に外さないと機械磨き出来ないのでそれ以外の部分との差が出てしまいます。

img_sblog0998.jpg

必ず外して作業する訳ではありません
というよりも、必ず外せる訳ではないといった方が正確かもしれません
FDも新車から全て10数年以上経ってるわけですよね、故にこれを固定しているビスの固着が酷くて、回せない場合が多いです。
板金塗装などを行ってると、この部分が錆びてる事もあります。

インパクトドライバーも使用したりするんですが、あまり無理をするとねじ切れる怖さがあります。

今回の車両は何とか外せましたのでこの様に作業してるんですけどね

img_sblog0999.jpg

いい感じの艶に戻ったんじゃーないでしょうか





posted by Bellitech店主 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 磨き、コーティング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173660689

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック