2015年01月29日

RX-7(FC) 外装の磨き&エンジンルームクリーニング 急遽モルタル除去

先週行ってた作業の1台

当初は外装の磨きと単にエンジンルームのクリーニングの予定でしたが

洗ってみるとどうも様子が変です

エンジンルーム全体的に、土埃が乗っかって汚れてる様に見て取れると思いますが、これ全てモルタル(セメント)です。
お預かりする時は、自分もただの土埃とかの汚れと思ってました・・・

img_sblog0759.jpg

一番酷いのが、左右の排水溝付近
完全に固まって通常のクリーニング作業ではビクともしません

img_sblog0760.jpg

専用の液剤で少しずつ反応させながら、塗装面にあまりダメージを与えないように時間を掛け除去していきます。

除去後

img_sblog0761.jpg

ボンネット裏のインシュレーターも外して洗います
かなり見違えたと思います

img_sblog0762.jpg

ドア内のステップ部分やリヤハッチの排水溝部分も同じように固まっていました

img_sblog0763.jpg

img_sblog0764.jpg

img_sblog0765.jpg

img_sblog0766.jpg

img_sblog0767.jpg

除去後

img_sblog0768.jpg

img_sblog0769.jpg

img_sblog0770.jpg

img_sblog0771.jpg

img_sblog0772.jpg

ボディー表面には殆ど付着が無かったので、お客様自身で固まる前に洗い流したんだと思います。
その代り、結構深い洗車傷が多かったです。

モルタル付着除去は特殊作業になりますので、その部分は別料金になってしまいましたが

上記作業後、通常の磨き作業を行いました

img_sblog0773.jpg

img_sblog0774.jpg

いい感じに綺麗になりました

FCも全然見かけなくなりましたね

是非大事に維持し続けてほしいと思います



追記
この様な特殊作業(モルタル、ペンキミスト、重度の鉄粉、アスファルト工事とかのピッチタール被ったなど)が伴う場合はその除去作業だけでも相当の作業料金が発生してしまいますので、車両保険とかの適用で負担してもらえる場合がありますので、お困りの方はご相談ください。
(必ず保険適用になる訳ではございませんので、その辺はご了承下さい。)

除去知識がなくて、無理に取ろうとすると取り返しがつかないダメージを与えてしまう恐れがありますので、お気を付け下さい。
また、場合によってはパーツ交換等も発生する可能性がありますので、一人で悩まず、ご相談頂ければと思います。




posted by Bellitech店主 at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両外装のトラブル
この記事へのコメント
モルタルとは…

凄いですね。
こんなこともあるんですね。

このFCはオールペン車両ですか?
所々下地の赤が見える気が…
Posted by インテの持ち主 at 2015年01月31日 22:16
長くこの仕事をしてると、色んな状態になった車両を手掛ける事経験します。
(んん・・自分は特殊な方かも知れませんね、こういう作業をやらない方もいますからね)
いたペン、ペンキ被り、モルタル被り、車体全体が赤茶になった鉄粉被り等々。
この程度のモルタルあたりだと大した驚きでも最早ないんですが、付着状況によって作業は苦労したりします。

このFCはRE界隈だと有名な方が所有してたFCなんですが、譲渡する時にたしか白にオールペンしたんだと思います。元々は赤です。


Posted by 店主 at 2015年02月01日 18:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112830898

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック