2022年10月04日

トヨタ エスティマ 窓ガラス破損処理&車内クリーニング

助手席の窓ガラス破損し交換されたが、後処理(ガラスの破損クリーニング)に不安があるという事で入庫頂きました。

破損処理後の全体のクリーニングも行う事前提で依頼を受けました。

画像多いです

全シートにカバーがしてあり、先ずはその外し作業から

img_sblog5941.jpg

外したシートカバーの下にガラスの破片あるの判りますか?

img_sblog5942.jpg

簡単に判別付くものだけでも数点

写真に写しにくいのですが、キラキラした粉末状になったモノも沢山見受けられます。

img_sblog5943.jpg

一通り掃除機などを掛けたのでしょうが、それでも取りこぼし沢山あります。

ダッシュボード奥なども全然残ってます

img_sblog5944.jpg

表面上見えてるモノは除去しました。

本番はここから

パネル類を外したり、カーペットを捲ったりするとその裏にまだまだ沢山の破片があります。

こうしたところに入り込んだ破片が走行中の振動などにより表に出てきて、何時まで経っても不安な状態が続きます。

img_sblog5945.jpg

上段:パネル裏
下段:カーペット裏

img_sblog5946.jpg

更にその下、サイドステップパネルの裏もご覧の通り

img_sblog5947.jpg

助手席と

img_sblog5948.jpg

運転席のシートを外すと…

img_sblog5949.jpg

@Aは助手席側シート下
BCは運転席側シート下

img_sblog5950.jpg

外したシート裏

シート下側で表皮材が袋になってる部分や

img_sblog5940.jpg

シートフレームなどの構成材の上などにガラス片が入り込んでいます。

想像出来ない様なところまで入り込んでますね?

作業経験がないと中々こういう所まで手が回らないと思います。

ディーラーでさえ作業費の事ばかりで、こーしたパーツ類の脱着無しの作業を要求しますからね〜(笑)

img_sblog5940b.jpg

エアコン吹き出し口を外します

img_sblog5951.jpg

@外したダクト奥、手の入るところまではバキューム掛けと洗浄行いました。
A外したパネルの接合部分に粉上の破片
B外した側のパネルダクトの中、今一ピント合ってませんが、白い粉上のモノが判ると思います。ガラスの破片です
C分解して洗浄

img_sblog5952.jpg

続いて、全体のクリーニング

作業前

img_sblog5953.jpg

フロアマットは全て外し車外で洗浄

img_sblog5954.jpg

乾燥待ち

img_sblog5955.jpg

フロアマット外したフロアカーペットの状態

img_sblog5956.jpg

バキューム掛けと洗浄後

img_sblog5957.jpg

img_sblog5958.jpg

シート類も入念なバキューム掛けと洗浄を行います

img_sblog5959.jpg

シートカバーを利用されてたので、汚れ自体は然程でもありませんね

img_sblog5960.jpg

内装パネルも洗浄していきます

img_sblog5961.jpg

@ルーフライニングの洗浄廃水
Aフロントダッシュパネル周りの洗浄廃水
B内装ドアパネル等の洗浄廃水
Cフロアカーペットの洗浄廃水

img_sblog5962.jpg

クリーニンング後

衛生的な車内になったと思います

img_sblog5963.jpg

img_sblog5964.jpg

img_sblog5965.jpg

img_sblog5966.jpg

img_sblog5967.jpg

出来る事ならばダッシュボード自体も外して構成しているパーツを分解洗浄行えれば完璧ですが、費用的に現実的ではありませんね。

ダッシュ周り、エアコンダクト内にも入り込んだ破片も強力なエアブローやバキューム掛けなどで出来る限り対処はしましたので、これ以上ガラスの破片が出て来ることはないと思われます。

img_sblog5968.jpg

最後は洗車サービスにて完了です。

img_sblog5969.jpg
最近のトラックバック