2020年06月08日

BMW 420i グランクーペ 透明断熱フィルム施工

運転席・助手席に透明断熱フィルム:FGR-500施工しました。

先ずはフィルム施工に備え養生します

img_sblog3885jpg.jpg

BMWの車輌は運転席・助手席のガラスは元々、可視光線透過率72〜3%で透明断熱貼ると70%ギリギリの印象なんですが、最新の車輌は、可視光線透過率高めになってるんですね。

施工前の可視光線透過率
img_sblog3886jpg.jpg

FGR-500施工完了

img_sblog3887jpg.jpg

測定機器の誤差を踏まえても車検余裕の数値です。

施工後の可視光線透過率
img_sblog3888jpg.jpg

最後は施工液を流す意味も含めて洗車サービスにて完了です。

img_sblog3889jpg.jpg

オーナー様は以前にBMW MINIにお乗りの時も施工して頂きました。

透明断熱フィルムは、乗り換えに当たりリピートの高いメニューになってきてますね。
posted by Bellitech店主 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工

マークX GR ラッピングフィルム剥離作業

元が当店で施工してる車両ではないので、ラッピングフィルムのメーカーや施工方法が判りません。
その為、剥離時の色々なリスクを予め説明し納得して頂いた上、引き受けました。
ルーフとBピラー部分のカーボン調フィルムの剥離になります。

img_sblog3877jpg.jpg

ルーフモールを外します

img_sblog3878jpg.jpg

施工からそれ程の期間も経過してないという事らしいですが、フィルムに既に割れが生じていたり…

img_sblog3879jpg.jpg

Bピラーに至っては、腫れ(バブリング)が生じています。

img_sblog3880jpg.jpg

こうした症状が嫌になったのか、飽きたのか判りませんが、剥離作業のみ行います

img_sblog3881jpg.jpg

ドライヤーで温めながら剥離していきます

img_sblog3882jpg.jpg

オーナー様がおっしゃってた通り短期間という事なのか確かに糊残りも少なく、トラブルなく剥離できました。

img_sblog3883jpg.jpg

塗膜に残った糊を除去、コーティングを元々されてる様なので、一応メンテナンス剤を塗布しておきました。

最後に全体の洗車サービスで完了です。

img_sblog3884jpg.jpg

最近のトラックバック