2020年06月04日

RX-7(FD3S) 商品化仕上げ その1

・1日目、内装クリーニング

車内の汚れもなんですが、とにかくタバコ臭が酷い
完全除去は費用的にも工数的にも無理ですが、出来る限り頑張ります。


当初、リヤガラスに貼ってあるフィルムも劣化してるので剥離作業も行う予定でした、その為リヤハッチの内装外しを行ったのですが、フィルムを剥がせない事が早々に判明、ガラス交換にて対処して貰う事にしました。
外した内装はそのまま洗浄を行います。

img_sblog3848jpg.jpg

タバコ臭が気になるので、ある程度内装外していきます。

img_sblog3849jpg.jpg

埃やカビもそうですが、タバコのヤニも酷い場合は裏まで入り込んでいますので、表面のみ洗浄しても解決にはなりません

img_sblog3850jpg.jpg

最初にも書きましたが、費用、工数的に全バラシ出来る訳では無いので限度が有りますが、やらないよりは絶対的に最終仕上がりが変わってきます。

img_sblog3851jpg.jpg

シート下にもこれだけ色々な汚れが入り込んでいるのです。

img_sblog3852jpg.jpg

img_sblog3853jpg.jpg

外したパーツを洗浄していきます

img_sblog3854jpg.jpg

タバコのヤニで洗剤の泡立ちが茶色になります

img_sblog3855jpg.jpg

外すと裏まで洗えます
裏もこれだけ茶色の汚れがでます。

ウチに来られるお客様には常々云っているのですが、表面のみ洗浄しても臭いは完全には落ちませんよというのはこういう事です。(やらないより全然マシではありますが…)

車体が温まった時などに裏の汚れから臭いが湧いてくるのです。

img_sblog3856jpg.jpg

とにかく外したパーツは表裏とも洗えるだけ洗います。

img_sblog3857jpg.jpg

出来るならば、この様に更に分解洗浄も行います

img_sblog3858jpg.jpg

ただバラシてるだけじゃございません(笑)
外したエアのダクトなどは中までスポンジやブラシ類を突っ込んで洗浄してますからね。

どういう訳かスピーカーグリルを洗浄した排液の汚れが特に酷いのです

img_sblog3859jpg.jpg

フロアマット、リヤラゲッジマットも洗浄・乾燥中

img_sblog3860jpg.jpg

こうした所もチマチマ洗っていきます。

img_sblog3861jpg.jpg

フロアカーペットも入念にバキューム後、洗浄していきます。

天井からダッシュ周り、後部座席のサイドパネルなど今回は外していない部分も洗浄していきます。

img_sblog3862jpg.jpg

フロアの洗浄、濯いだ排液

img_sblog3863jpg.jpg

そしてシート

茶色い液が排水されてるのが判りますね

img_sblog3864jpg.jpg

FD3Sにシート生地は何種類かありますが、これは皮革素材ではありませんが、バックスキンのそれに似た風合いのモケットです。

経年の汚れで完全に毛質が寝てしまってベタッとした感じになってしまっていたのを洗浄&ブローで起毛させていきます。
新品時の風合いになります。

img_sblog3865jpg.jpg

フロントシート2脚分の汚れです

img_sblog3866jpg.jpg

外したパーツ類の乾燥を待って…

img_sblog3867jpg.jpg

組付けて完了です

最初にも書きましたが臭いの完全除去には至っていませんが、それでも劇的に臭いはしなくなりました。
且、衛生的な車内環境は取り戻したと思います。

img_sblog3868jpg.jpg

依頼側の担当が『これがあの預けた車両と同じ車両だとは思えない』と喜んでおりました。

そして作業は2日目に続く…
最近のトラックバック