2020年06月08日

マークX GR ラッピングフィルム剥離作業

元が当店で施工してる車両ではないので、ラッピングフィルムのメーカーや施工方法が判りません。
その為、剥離時の色々なリスクを予め説明し納得して頂いた上、引き受けました。
ルーフとBピラー部分のカーボン調フィルムの剥離になります。

img_sblog3877jpg.jpg

ルーフモールを外します

img_sblog3878jpg.jpg

施工からそれ程の期間も経過してないという事らしいですが、フィルムに既に割れが生じていたり…

img_sblog3879jpg.jpg

Bピラーに至っては、腫れ(バブリング)が生じています。

img_sblog3880jpg.jpg

こうした症状が嫌になったのか、飽きたのか判りませんが、剥離作業のみ行います

img_sblog3881jpg.jpg

ドライヤーで温めながら剥離していきます

img_sblog3882jpg.jpg

オーナー様がおっしゃってた通り短期間という事なのか確かに糊残りも少なく、トラブルなく剥離できました。

img_sblog3883jpg.jpg

塗膜に残った糊を除去、コーティングを元々されてる様なので、一応メンテナンス剤を塗布しておきました。

最後に全体の洗車サービスで完了です。

img_sblog3884jpg.jpg

2020年06月05日

RX-7(FD3S) 商品化仕上げ その2

・2〜3日目、
エンジンルーム・フロントガラスクリーニング・外装磨き

ボロボロのボンネットインシュレータは交換の為破棄し、フード裏、エンジンルーム内をクリーニング

img_sblog3869jpg.jpg

ホイールなどのディテール洗浄、全体の洗車、塗面のザラツキ除去を実施

img_sblog3870jpg.jpg

FD3Sはキャビンが狭くガラス窓の開口面積も薄い、ガラス面の雨ジミなどで視界が妨げられるとドライブしていて息苦しさを感じます。

img_sblog3871jpg.jpg

これだけ状態が酷いと尚更です

ワイパーが走る部分しか視界がありません(笑)

img_sblog3872jpg.jpg

入念に専用研磨剤&機械で除去します

img_sblog3873jpg.jpg

そして、塗面の磨きの為マスキング

img_sblog3874jpg.jpg

2工程の磨き作業を実施

img_sblog3875jpg.jpg

良い感じにリフレッシュできました。

img_sblog3876jpg.jpg

商品化完了です。








posted by Bellitech店主 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き

2020年06月04日

RX-7(FD3S) 商品化仕上げ その1

・1日目、内装クリーニング

車内の汚れもなんですが、とにかくタバコ臭が酷い
完全除去は費用的にも工数的にも無理ですが、出来る限り頑張ります。


当初、リヤガラスに貼ってあるフィルムも劣化してるので剥離作業も行う予定でした、その為リヤハッチの内装外しを行ったのですが、フィルムを剥がせない事が早々に判明、ガラス交換にて対処して貰う事にしました。
外した内装はそのまま洗浄を行います。

img_sblog3848jpg.jpg

タバコ臭が気になるので、ある程度内装外していきます。

img_sblog3849jpg.jpg

埃やカビもそうですが、タバコのヤニも酷い場合は裏まで入り込んでいますので、表面のみ洗浄しても解決にはなりません

img_sblog3850jpg.jpg

最初にも書きましたが、費用、工数的に全バラシ出来る訳では無いので限度が有りますが、やらないよりは絶対的に最終仕上がりが変わってきます。

img_sblog3851jpg.jpg

シート下にもこれだけ色々な汚れが入り込んでいるのです。

img_sblog3852jpg.jpg

img_sblog3853jpg.jpg

外したパーツを洗浄していきます

img_sblog3854jpg.jpg

タバコのヤニで洗剤の泡立ちが茶色になります

img_sblog3855jpg.jpg

外すと裏まで洗えます
裏もこれだけ茶色の汚れがでます。

ウチに来られるお客様には常々云っているのですが、表面のみ洗浄しても臭いは完全には落ちませんよというのはこういう事です。(やらないより全然マシではありますが…)

車体が温まった時などに裏の汚れから臭いが湧いてくるのです。

img_sblog3856jpg.jpg

とにかく外したパーツは表裏とも洗えるだけ洗います。

img_sblog3857jpg.jpg

出来るならば、この様に更に分解洗浄も行います

img_sblog3858jpg.jpg

ただバラシてるだけじゃございません(笑)
外したエアのダクトなどは中までスポンジやブラシ類を突っ込んで洗浄してますからね。

どういう訳かスピーカーグリルを洗浄した排液の汚れが特に酷いのです

img_sblog3859jpg.jpg

フロアマット、リヤラゲッジマットも洗浄・乾燥中

img_sblog3860jpg.jpg

こうした所もチマチマ洗っていきます。

img_sblog3861jpg.jpg

フロアカーペットも入念にバキューム後、洗浄していきます。

天井からダッシュ周り、後部座席のサイドパネルなど今回は外していない部分も洗浄していきます。

img_sblog3862jpg.jpg

フロアの洗浄、濯いだ排液

img_sblog3863jpg.jpg

そしてシート

茶色い液が排水されてるのが判りますね

img_sblog3864jpg.jpg

FD3Sにシート生地は何種類かありますが、これは皮革素材ではありませんが、バックスキンのそれに似た風合いのモケットです。

経年の汚れで完全に毛質が寝てしまってベタッとした感じになってしまっていたのを洗浄&ブローで起毛させていきます。
新品時の風合いになります。

img_sblog3865jpg.jpg

フロントシート2脚分の汚れです

img_sblog3866jpg.jpg

外したパーツ類の乾燥を待って…

img_sblog3867jpg.jpg

組付けて完了です

最初にも書きましたが臭いの完全除去には至っていませんが、それでも劇的に臭いはしなくなりました。
且、衛生的な車内環境は取り戻したと思います。

img_sblog3868jpg.jpg

依頼側の担当が『これがあの預けた車両と同じ車両だとは思えない』と喜んでおりました。

そして作業は2日目に続く…

2020年06月02日

ワゴンR コーティング

2年半前ぐらいに施工した車両の再施工です。
1泊2日でディテール洗浄〜コーティング施工まで

一見綺麗そうですが…

img_sblog3836jpg.jpg

細かく見ていくと

この様に通常の洗車では落とせない際の汚れ

img_sblog3837jpg.jpg

雨染み、付着物など

img_sblog3838jpg.jpg

そして、ホイールのブレーキダスト汚れ

こうしたところをリフレッシュして行きます

img_sblog3839jpg.jpg

全体のバランスを図るべくエンジンルーム、フード裏も軽く洗浄します。

img_sblog3840jpg.jpg

ディーテール洗浄から鉄粉等の付着物除去

img_sblog3841jpg.jpg

更に全体の洗浄を行います

img_sblog3842jpg.jpg

そして、磨きに備えマスキングです。

img_sblog3843jpg.jpg

こうした擦り傷も結構ありますので磨きで対処します

img_sblog3846jpg.jpg

相変わらず比較画像ビフォーアフターのアフター撮ってませんでした(笑)

オーナー様が理解してくれてればいい話ですので…

施工前後に感動しておられましたので当方としては、充分でございます

img_sblog3844jpg.jpg

img_sblog3845jpg.jpg

今回もPCX-S8使用

良い感じにリフレッシュ完了しました


posted by Bellitech店主 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き
最近のトラックバック