2018年10月07日

インテグラtypeR ルームクリーニング

作業1日目
内装外し〜洗浄

オーナー様とはこの車両を通して10数年の付き合いになります。
外装やフィルム施工は10数年の間に何度も作業してますが、内装のクリーニングは今回初めてです。

経年の溜まった汚れを落とします。ガンバリマスです、オス!

先ずは、いつも通りフロアマットの洗浄から

インテグラ typeR ルームクリーニング

即座に乾燥

img_sblog2329.jpg

ラゲッジマットも外して洗浄しました。

img_sblog2330.jpg

外したフロントシート洗浄中(洗浄前写真撮って無かった)

img_sblog2331.jpg

濯いだ洗浄廃液、フロント2脚でこれぐらい汚れてました。

やはり、積年の汚れは凄いですな

img_sblog2332.jpg

リヤ背もたれ洗浄前

img_sblog2333.jpg

洗浄後

img_sblog2334.jpg

今回はセンターコンソール類も外しました。

img_sblog2335.jpg

更に分解し、普段手が入り難いところも…

img_sblog2336.jpg

分解すると、この様に洗浄できます。

img_sblog2337.jpg

ABCペダルもキチンと洗浄

img_sblog2338.jpg

フロアマット、シート類を外した状態

色んなのが落ちてますね(笑)

img_sblog2339.jpg

更にセンターパーツを外して、手前をバキューム掛けしたところ

img_sblog2340.jpg

洗浄まで終了

基本、パーツ脱着は行いませんが、要望あれば有料になりますがこの様に行えます。

外さないと出来ない部分、シート下やセンタートンネルとの間、パーツが乗ってる部分の際など境なく洗浄できますので、より衛生的ですね。

ホントは全部外して車外で洗浄すればより完璧ですが、脱着料などを考えると現実的では無い事も確かです。

img_sblog2341.jpg

こういう所もね、カップの奥の方が中々手が入り難い、特にパーツを留めてるビス周りは色んなものが細かく白く固まって中々落ちにくい。
後、外すとカップフチの接合部分の周りも、より完璧に汚れが落とせます。

img_sblog2342.jpg

続く2日目

最近のトラックバック