2018年10月24日

RX-7(FD3S)エンジンルームクリーニング

本日はRX-7のエンジンルームクリーニング作業

パット見は特に写真では、然程汚れてるような感じはしませんが、塗装部分に塗布されてる防錆用のグリスなどに汚れを抱き込んで結構面倒な感じ

img_sblog2405.jpg

img_sblog2406.jpg

白い塗装なのでこういう所は目立ちますね

img_sblog2407.jpg

クリーニング&艶出し・樹脂ゴム類の保湿剤塗布後

img_sblog2408.jpg

img_sblog2409.jpg

img_sblog2410.jpg

クリーニング後、フード裏のインシュレータを戻します。

img_sblog2411.jpg

最後に全体の洗車サービス

img_sblog2412.jpg



posted by Bellitech店主 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジンルーム

2018年10月23日

CX-5 コーティング施工

某所に出張作業でCX-5にコーティング施工でした。
コーティング剤はマツダ指定のMGなんちゃら

写真は施工後の画像です。

img_sblog2401.jpg

img_sblog2402.jpg

img_sblog2403.jpg

img_sblog2404.jpg

中々、硬質な感じの塗装で、シミや洗車によるスクラッチも落とすのが面倒な塗膜ですが、良い感じにリフレッシュ出来たのではないでしょうか
posted by Bellitech店主 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き

2018年10月19日

RX-7(FD3S)コーティング部分再施工

何度か作業させて頂いておりますこの車両。

今回はフロントバンパー部分を訳あって再施工です。

img_sblog2397.jpg

カーボンボンネットの雨ジミがきになりますね〜

img_sblog2398.jpg

今回の作業とは関係ないのですが、何度も入庫頂いていますし、ついでという事で少しサービスしておきました。

img_sblog2399.jpg

そう云えば、またホイール&タイヤが新しく変わってました。
スゲ〜

img_sblog2400.jpg


posted by Bellitech店主 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き

2018年10月17日

アコードツアラー 磨き&コーティング

諸々作業の2〜3日目
ディテール洗浄〜コーティング仕上げまで

某ディラー系コーティングの悪い癖が出ましたが何とか対処し、仕上げはPCX-S8を使用


洗車後、
磨きに備えマスキングします

img_sblog2390.jpg

遠目には綺麗なのですが、洗車時のスクラッチが目立ちます。
お客様もこうした事を気にされておりました。

img_sblog2391.jpg

作業後、
スクラッチオフされ、良い感じに

img_sblog2392.jpg

今回はPCX-S8使用

img_sblog2393.jpg

そういえば、
水平面はそんなでもなかったのですが、サイドパネル部分は、磨くとコンパウンドが塗膜に絡む、ディラー系コーティングの悪い癖が出ました。

img_sblog2394.jpg

メンテナンス性や再施工性の悪いコーティングは止めて頂きたいものです。

何とか対処し仕上げました。

img_sblog2395.jpg

近年のアコードはパールホワイトのイメージが強く、ブルーメタリックて珍しいですね。
(私だけかも知れませんが)

img_sblog2396.jpg

この車両も10年位経過しているようでしたが、出来上がりに、これだったらまだまだ乗り続けられると喜んでいらっしゃいました。


posted by Bellitech店主 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き

2018年10月16日

アコードツアラー ウインドウ・クリーニング&コーティング

諸々作業の1日目後半

最初はフロントガラスのシミ、汚れ、傷が気になるのでという事で依頼頂きましたが、最終的には全面施工という事に

img_sblog2377.jpg

特にフロントガラス部分は、ワイパー傷が気にる様でした。

img_sblog2378.jpg

ワイパー傷、
早朝や夕方など日が傾いた時に反射して気になりますよね。

img_sblog2379.jpg

特に気にしてたのが赤の印で囲った部分

写真だと判り難いのですが、一本深く長く傷が入ってます。

通常、ウインドウコーティング前提のクリーニングの場合、こうした傷は無視します。

ガラスの傷は塗装面の傷落とすのと違い、めっちゃ大変です。

ですので、『出来る範囲で、今よりは目立たなくなる程度には…』なんて言い訳してからお受けします。

ガラス屋さんなんかは、こういう事を引き受けてる所もあるみたいですが、傷が深い場合(深いはo単位とかではないですからね、μの話ですよ)そこを集中的に磨いて傷が無くなったとしても、ガラスが歪んだように見える場合があります。

ガラスの傷は基本交換です。


img_sblog2380.jpg

目立たなくなりましたね

img_sblog2381.jpg

img_sblog2382.jpg

結構、時間かけて頑張りました。

パット見は殆ど判らないと思います。

img_sblog2383.jpg

サイド部分
後面のプライバシーなどの着色ガラスはシミになり易く目立ちますよね。

img_sblog2384.jpg

枠のゴム部分を養生し、機械磨きします。

img_sblog2385.jpg

判らなくなりました!

img_sblog2386.jpg

リヤゲート部分
セラミックプリント部分の黒いところもシミになり易く、結構目立ちます。

img_sblog2387.jpg

img_sblog2388.jpg

スッキリしました!

img_sblog2389.jpg

全面磨いた後は、ウインドウ用のコーティング剤を塗布し仕上りです。


最近のトラックバック