2018年05月06日

レカロシート 分解クリーニング

先ず、表皮を剥ぎます

フレームを構成しているウレタンはパルス・エアガンで、汚れを吹き飛ばしました

img_sblog2084.jpg

剥いだ表皮は、丁寧に手洗い

img_sblog2085.jpg

img_sblog2086.jpg

手洗い後、更に洗濯機による洗浄を行います

img_sblog2087.jpg

外したプラスチックパーツも洗浄

img_sblog2088.jpg

ヘッドレストシャフト部分の汚れも綺麗に

img_sblog2089.jpg

img_sblog2090.jpg

この時期1日ぐらいで乾燥しますが、余裕があったので3日ほどこのまま放置(笑)

img_sblog2091.jpg

バラした物を全て組み付け完了です

img_sblog2092.jpg

単に経年による汚れを落とす作業でしたが、
ここまですると大変衛生的ですよね

2018年05月02日

アルピナB7 フィルム剥離作業

今回は剥離作業だけ、夕方から急遽の作業でした

フィルムは古いタイプ、施工後かなり経過してる様で、クーペタイプの車輌という事も有り、作業は難儀しました。

リヤ3面で2時間半ぐらいかな

作業後の写真撮るの忘れた(笑)

img_sblog2081.jpg

剥ぐ時に、この様に2層に分離してしまい、下の層は破れやすい為、ヒートガンで熱しながらゆっくり剥いでいきます。

img_sblog2082.jpg

フィルム剥いだ後には、この様に全体的に糊が残ってしまうタイプです。

溶剤に反応はするものの、これだけ厚く糊が残ると簡単には溶けてくれません。

img_sblog2083.jpg

これだけ糊が残ると、その除去だけで数時間掛かります。

熱線の事も考え、あまり荒い事も出来ませんからね。
posted by Bellitech店主 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工
最近のトラックバック