2018年02月25日

ポルシェ911 フィルム施工他

964型の911に全面フィルム施工

断熱効果の高いフィルムをという希望で以下の物を使用
・フロント、運転席・助手席にIKCのFGR500
・リヤ3面にウィンコスプレミアムのHCD-20G

リヤスピーカー周辺からの異音改善
・カタカタとスピーカー周辺から音がするので見て欲しいとの事


先ずはリヤは既に貼ってあるスモークフィルムを剥離する作業から

当初見積もりの段階の話では無かったので当初の予定より時間と費用を了解して貰いました。

img_sblog1993.jpg

結構、濃いめのフィルムですね

img_sblog1994.jpg

リヤスピーカー周りからの異音の件もあるのでリヤセクションは外しました。

ワイパーユニットも外した方がフィルム貼るのにも楽ですからね

img_sblog1995.jpg

剥離作業は糊残りのクリーニング等も含めて3面で3時間ぐらい。

こういう事もリヤ周りの内装をバラすと作業スペースを確保できるので楽ですし、結果早いですね。

img_sblog1996.jpg

HCD-20Gを貼り終えました。

真っ黒ではなく、純正のプライバシーガラスの様な濃さですので上品な感じ

自分的には、この位の年代の車で、この濃さなら違和感ないですね

img_sblog1997.jpg

続いてフロントセクション

先ずはダッシュまわりを養生

img_sblog1998.jpg

せっせとクリーニングです。

img_sblog1999.jpg

サイドも同じように養生しクリーニング後・・・

img_sblog2000.jpg

FGR500をインストール

透明断熱なので作業してるところにフィルムが存在してるか判らないですね(笑)

img_sblog2001.jpg


リヤスピーカー周辺の異音改善作業

お客様が云ってるスピーカーグリルの取付けが甘くてそれが鳴っているのではないかという事のようでしたが、しっかり貼り付いていてそれは問題なさそうですし、スピーカー自体の固定もビス類が緩んでるとかではなさそう。

リヤトレイ自体を揺すってみると元々の組み付け(構造上)の問題で、結構動きます。

それが、接触する内装と擦れてギシギシは音がしましたのでその辺をメインに改善してみたいと思いました。

リヤトレイの奥が当たる鉄板部分に防振のスポンジを貼ります。

img_sblog2002.jpg

遊んでいるスピーカーケーブル類をレジェトレクスやアルミテープで固定していきます

img_sblog2003.jpg

リヤトレイの裏側も

奥に当たる部分に一箇所だけ黄色のスポンジが貼ってありましたが、奥で乗っかってるだけなので、スポンジが貼ってない部分に同じ様に制振スポンジを貼ってみました。
(貼った後の画像撮り忘れた・・・)

隣接する内装と接触する部分には鳴き防止の布テープも貼ってみました。

img_sblog2004.jpg

スピーカー取付け用のステーを固定する部分の留め金具部分にレジェトレクス

img_sblog2005.jpg

スピーカー取付けステーの裏側に・・・

img_sblog2006.jpg

制振スポンジを貼り固定しました。

固定後の画像は撮ってませんが、遊んでいたケーブル類は走行時の振動でパタパタいう事は無くなり、リヤトレイ自体も遊びが無くなり揺すっても当初の様に動かなくなりギシギシ音も無くなりました。

img_sblog2007.jpg

最後に洗車サービス

img_sblog2008.jpg

真っ赤なポルシェ、カッコ良いですね〜

img_sblog2009.jpg

img_sblog2010.jpg


後日、
気になっていたリヤ周りからの異音は無くなったと
お客様からご報告いただきました。
良かったですね!


そう云えば、不思議なもので
去年の1月頃から肩に違和感が出て、夏秋をピークに絶好調だった50肩は、今ダイブ上がるようになり、痛みもほぼ無くなりました。

作業がとってもスムーズ(笑)

posted by Bellitech店主 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カーフィルム施工
最近のトラックバック