2017年08月10日

インプレッサ 塗装面のアクシデント修復

運送業者さん、配達先のお客様の車輌のボンネット部分に荷物を誤って擦ってしまったとの事。
磨きで何とか出来ないか相談受けました。
状態を見て、深い傷は完全除去は無理だが、パッと見、解らない程度には修復しますよ、という事で請けました。
コーティング云々という事ではないので、作業後の画像には、まだコンパウンドの磨き粉がある状態で撮影してます。

img_sblog1607.jpg

ボンネット三分の一ぐらいが対象面ですが、ボンネット全体と左右フェンダー上部ぐらいまでを辻褄合わせで磨きます。

img_sblog1608.jpg

img_sblog1609.jpg

よくある事ですが、修復傷以前に、雨ジミやら洗車キズで既に艶もない状態です(笑)

img_sblog1610.jpg

これはフェンダー部分

img_sblog1611.jpg

軽く養生をして磨きます

img_sblog1612.jpg

以降、修復後

img_sblog1613.jpg

img_sblog1614.jpg

img_sblog1615.jpg

img_sblog1616.jpg

img_sblog1617.jpg

現状復帰が目的ですので、コーティング剤云々ではないのですが、最終的に簡易的なコーティングを塗布しフィニッシュです。


posted by Bellitech店主 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き
最近のトラックバック