2016年10月31日

RX-7(FD3S) 内装パーツ加工

RX-7(FD3S)の内装パーツ加工(イージーグラフィック)依頼頂きました

今回は4点をブラックカーボン調に

img_sblog1109.jpg

メーターパネル

img_sblog1110.jpg

オーディオパネル

img_sblog1111.jpg

シフトパネルとメーターフード
メーターフードはフロントガラスへの反射軽減の為、艶消し加工です

img_sblog1112.jpg

今回も中々の出来です


posted by Bellitech店主 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ加工

2016年10月30日

MPV シート1脚クリーニング

今回は特殊作業です

訳あって1脚のみ車体から降ろし、分解クリーニングします。

預かった状態

img_sblog1101.jpg

早速分解

img_sblog1102.jpg

分解すると普段手の入らない様な所までクリーニングできます

img_sblog1103.jpg

シート表皮はバケツ等を使用し、洗剤・水道水でざっくり汚れを落とします

img_sblog1104.jpg

ここが一番大変なんですが、クッションのウレタンを洗剤を噴霧し水を流しながら踏み洗いし、汚れの成分を完全に洗い流します。

img_sblog1106.jpg

外したプラスチックパーツやフレーム部分も完全に洗浄し、エアブロードライを行います

img_sblog1105.jpg

シート表皮は更に洗濯機にて入念に洗浄し、自然乾燥を行います。

img_sblog1107.jpg

乾燥を待つこと1週間(気温の低くなって来たこの時期なので・・・)
夏場の高温時期なら2〜3日もあれば完全に乾燥すると思います。
分解したパーツを組み直し完了です。

img_sblog1108.jpg

ここまでするのは、衛生面や完全消臭が目的です。

場合によっては、ここまで行わないと意味が無いのです。

マツダ得意のカラクリシートの為、パーツ点数が多くて大変でしたが、ラッキーだったのはシート表皮と中のウレタンが分離出来るタイプな為、より完璧に作業が行えました。




2016年10月29日

RUPES導入

この業界のポリッシャーのトレンドは、ここ数年RUPES社のBigfootシリーズで間違いないのですが、今一購入に踏み切れずいました。

LHR12は少し前から導入使用しておりましたが、ここに来てLHR21も導入しました。
勿論、MarkIIです。

img_sblog1099.jpg

LHR21は、MarkIIになり購入を決めました。
それまでのと違いが感じ取れたからです。

それまで所有はしてませんでしたが、使用は出来てたので旧タイプやLHR15にすべきかなど比較できたのが良かったと思います。

自分のところだけだと限界がありますので、色んな所で色んな物と比較させてもらえる機会がありますので今はラッキーかもしれませんね。
カスタムエアーツール等と比べると、電動のギヤ若しくは、ダブルアクションはバフ目消し位にしか捉えられませんでしたが、BigfootのMarkIIは、それらと対等以上の感じがありました。

img_sblog1100.jpg

バフクリーニング用にエアーツールも少々(トルネーダなど)導入しました。

物ばかり増えて貯め込むのは良くありませんので、今回色んなのを買い揃えたのをきっかけに、ツールキャビネット内とワゴンに乗っけてたのを整理しました。

作業スペースも掃除し少しすっきりさせました。

ツールばかり最新でも腕が追い付かなければどうしようもないですが、そこそこの腕があり、尚且つツールが最新なら最強でしょ?

なんちゃってね・・・





posted by Bellitech店主 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カーコーティング、磨き

2016年10月28日

海外からの〜

お届け物再び、なんちゃって

またも個人輸入してしまった

img_sblog1096.jpg

AMAZON.COMで『日本でお買い物しましょう』とは出てきますけどね
日本で購入できないからしょうがない

img_sblog1097.jpg

世のトレンドに対抗すべく取り寄せたのは、こちら

img_sblog1098.jpg

3インチ、ランダムオービタルポリッシャー

もう1社のと比較し購入迷いましたが、周りで所有してるのを見た事がないのでこっちにしてみました。

見た目のオモチャぽさとは裏腹に以外に使えそうです。

迷ったもう1つはMETABO社のSXE400
実際、使用してみたことがありますが
これとは色んな意味で、ほぼ同等と思います

世の中のトレンドに対抗とは、RUPES社のLHR75E mini
使い勝手から考えてあの値段はね〜
常用するサイズではないのでちょっと手が出せないです。

RUPESのポリッシャーは、このサイズは別として
ここ数年のこの業界のトレンドになってる事は間違いないところ

これまでのこの手の工具の値段に比べ、高額な部類になりますが
画期的なその性能は、プロとしてやっている以上無理しても欲しいところではあります。




posted by Bellitech店主 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の事など
最近のトラックバック