2015年12月30日

2015年度 ありがとうございました

仕事は昨日で年内は終了とさせて頂きました。

本日は、掃除と自分の車両の洗車を行いました。

春先から動かしていなかったFDは埃だらけで、いつもながらすまないね〜
と思いながら、何とか綺麗にして年を越せそうです。

img_sblog0989.jpg

デミオの方は、走行距離的にはオイル交換したかったんですが・・・

年明けにします。

取敢えずはこちらも洗車を行いました。

img_sblog0990.jpg

本年は、自分的には、手術・入院と大変な年でしたが、無事復帰し、健康であることのありがたみを感じる年になりました。

来年も頑張りますよ

それでは、皆さん良いお年を・・・



年明けは、1月6日からの営業とさせて頂きます。



posted by Bellitech店主 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の事など

2015年12月14日

ロードスター モルタル(コンクリート)被害

1週間ぐらい前の作業ですが

当方で毎年コーティングを行い、たまに洗車にも来られるお客様の車両です。

駐車場に止めておいて建物の排水処理不良により壁天井を伝って溶け出したモルタル(コンクリート)の汁が車両に付着してしまったそうです。

一番ひどいフロントフェンダー部分〜

赤で囲んでる部分がそうです
img_sblog0975.jpg

img_sblog0976.jpg

img_sblog0977.jpg

ボンネット

img_sblog0978.jpg

ドアガラスのモール部分

img_sblog0979.jpg

外すと下の部分が粉上に白くなってます

img_sblog0980.jpg

ガラス部分
モールに隠れてる部分ですが、対処しないと石化して取れ難くなくなります、ガラスの傷の原因にもなります。

img_sblog0981.jpg

ボンネットを開けた内側
通常の雨染みもありますが、それとは明らかに違う石化したシミが出来てます。

img_sblog0982.jpg

専用の薬品でモルタルを洗い溶かします

モルタルの付着が薄かった部分は、ほぼこれで溶け落ちますが、簡単にはいかない部分もあります。

img_sblog0983.jpg

img_sblog0984.jpg

img_sblog0985.jpg

上の写真3枚の部分については、洗い落ちてくれましたが
状態がひどかった部分は、跡が残ってます。
次の2枚の写真がそうです。

img_sblog0986.jpg

img_sblog0987.jpg

これでも、被害をうけてから、およそ1週間ぐらいで作業に至っているのですが、すでにこのような状態です。

時間が経過すればするほど塗装部分は変質していきますから、最終的には塗り直すしか対処のしようがなくなります。

その期間の目安は、状況により変わりますのでこれというものは無いんです。とにかく早く対処するのが一番です。

こういう場合、被害に遇われた大概のお客様は、最初は何が付着してるのか解らないのだけど、心情的に早く落とそうと触ったり擦ったりします。そうすると、余計に塗装面には傷が深く入りダメージを広げます。

写真を載っけてる部分以外も、というより全体的に被っているので付着物を除去した後に、そうした傷も入ってしまっているので全体を磨きます。

img_sblog0988.jpg

先にも書きましたが、この車両は毎年、当方でコーティングを行っていて施工証明もありますのでその分も加害者側に負担して貰えます。

こういう被害に遇わないのが一番ですが、不慮の場合しょうがありません。

また、付着物が何なのかわからない場合は、あまり触ったりせずに、私どもの様な専業者に見てもらうのがダメージ広げない手段でもあると思います。


posted by Bellitech店主 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両外装のトラブル

2015年12月11日

そして、また洗う

先々週ぐらいに、10枚ぐらい購入と言っていた後の先週ぐらいに、更に10枚ぐらいをまた購入。

そして、また洗うと・・・

勿論、全部中古品ですけどね

作業環境をセッティングと

img_sblog0971.jpg

ビールケースにタオルを被せ、その上に梱包用のスポンジシート、
この上で水洗いします。

自分は、強力なアルカリ洗剤を希釈したものを使用します、中古レコードにありがちなタバコのヤニなどの汚れは簡単に溶け出します。

洗い流しは基本水道水ですが、最後に精製水もしくは純水で濯ぎます。
画像はじに映っている天然水ボトルの中身はそれではなく純水になります
これを遠慮なく使えるのはありがたい・・・

濯いだ後は、ブロワーで粗方水分を吹き飛ばし、紙屑の出ないキムワイプで拭きあげます。

img_sblog0972.jpg

よく、洗浄後の乾燥に食器立ての様な金属製のラックに立て掛けてる画像見ますが、せっかく洗ったのにあれでは、また埃などを寄せてしまう気がするんですが・・・

自分は、工業用ペーパータオルを咬ませて1時間以上寝かせます。
これで、濡れたラベル部分も乾燥します。

img_sblog0973.jpg

img_sblog0974.jpg

更に、プレーヤーに乗っけてから針を落とす前に、レイカのバランスウォッシャー液とビスコ(不織布)で拭きあげます。

ねっ、すごい手間ですね。

歳とってくると、こういう行為も一つの楽しみなのかもしれません(ホントかよ?)

一番は、再生時の不快なノイズ除去が目的ですが、

今になると、30年も前からの貴重な資源(特にスタイラスチップ部分)の延命につながるとも思います。


posted by Bellitech店主 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・PCオーディオ
最近のトラックバック